筑後福島駅

かつて日本の福岡県八女市にあった日本国有鉄道の鉄道駅

筑後福島駅(ちくごふくしまえき)は、かつて福岡県八女市大字本町にあった、日本国有鉄道(国鉄)矢部線廃駅)である。

筑後福島駅
JNR Chikugofukushima Station ruin01.jpg
旧駅舎(移設後)
ちくごふくしま
Chikugo-Fukushima
蒲原 (1.7 km)
(1.2 km) 今古賀
所在地 福岡県八女市大字本町
北緯33度12分25.2秒 東経130度33分27.1秒 / 北緯33.207000度 東経130.557528度 / 33.207000; 130.557528座標: 北緯33度12分25.2秒 東経130度33分27.1秒 / 北緯33.207000度 東経130.557528度 / 33.207000; 130.557528
所属事業者 日本国有鉄道
所属路線 矢部線
キロ程 6.8 km(羽犬塚起点)
電報略号 フク
駅構造 地上駅
ホーム 2面3線(1面1線のみ使用)
乗車人員
-統計年度-
216人/日(降車客含まず)
-1981年度-
開業年月日 1945年(昭和20年)12月26日[1]
廃止年月日 1985年(昭和60年)4月1日[1]
備考 委託駅
テンプレートを表示

矢部線の開通と同時に開業した駅。八女市の中心市街地(旧・福島町)の南端部にあり、同市および矢部線の中心駅で高校生の乗り降りが多かった。開業時に建てられた木造駅舎が廃止まで残り、委託駅員が配置されていた。

歴史編集

駅構造編集

2面3線があり、単式ホームと島式ホームが各1つあったが、駅舎に隣接する単式ホームのみが使用されていた。

駅周辺編集

現状編集

矢部線の他の駅の痕跡が皆無に等しい中、この駅のみは公園として整備がなされ、ホームと線路の一部ならびに踏切跡が残されている。

公園内の倉庫として移設された駅舎には駅名標が掲げられ、公園の藤棚には廃レールが再利用されている。

隣の駅編集

日本国有鉄道
矢部線
蒲原駅 - 筑後福島駅 - 今古賀駅

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c d e f 石野哲(編) 『停車場変遷大事典 国鉄・JR編 Ⅱ』(初版)JTB、1998年10月1日、700頁。ISBN 978-4-533-02980-6 
  2. ^ 「去月20日から 営業近代化 国鉄九州三局で実施」『交通新聞』交通協力会、1971年3月5日、1面。

参考文献編集

  • 『国鉄全線各駅停車10 九州720駅』(小学館、1983年)

関連項目編集