筑波カントリークラブ

筑波カントリークラブ(つくばカントリーくらぶ)は、 茨城県つくばみらい市高岡にあるゴルフ場である。

筑波カントリークラブ
Tsukuba Country Club
筑波カントリークラブ
筑波カントリークラブの空中写真。
2008年5月6日撮影。国土交通省 国土地理院 地図・空中写真閲覧サービスの空中写真を基に作成。
所在地 日本の旗 日本
茨城県つくばみらい市高岡830-2番地
座標: 北緯35度59分37.01秒 東経140度3分47.62秒 / 北緯35.9936139度 東経140.0632278度 / 35.9936139; 140.0632278
Nuvola apps kolf.svg 概要
開業 1959年昭和34年)9月18日
運営 メンバーシップコース
設計 佐藤 昌
川田太三(平成18年改造設計)
運営者 株式会社筑波ゴルフコース
トーナメント ・1987年 第20回 日本女子オープンゴルフ選手権競技大会
Nuvola apps kolf.svg コース

OUT IN
HOLE PAR YARD HOLE PAR YARD
1 4 419 1 5 544
2 5 583 2 4 378
3 4 424 3 4 449
4 3 209 4 3 233
5 4 365 5 5 552
6 3 216 6 3 155
7 4 415 7 4 454
8 4 369 8 4 411
9 5 493 9 4 386
36 3493 36 3562

Nuvola apps kolf.svg その他
公式サイト 筑波カントリークラブ
テンプレートを表示

概要編集

筑波カントリークラブは、1958年昭和33年)、茨城県筑波郡稲村字高岡に、ゴルフ場に適した用地がある、我々医師のゴルフ場を造ろうと、日本信販の山田光成の所に相談に来たのに始まる[1]。用地を見たところ殆どが松と雑木だった[1]。同年5月30日、新たなゴルフ場建設に向け、「株式会社筑波ゴルフコース」を設立、社長には大和証券株式会社の加藤和根が就任、証券会社生命保険会社の会員の株主会員制のクラブである[1]

コース設計は、東京農業大学日本造園学会佐藤昌に依頼、工事は佐藤工業株式会社が行い、1959年(昭和34年)9月15日、コースは完成、同年9月18日、18ホールのゴルフ場が開場した[1]。敷地内の大木をハザード代わりに残し、各ホールの特徴はグリーン周りのバンカーの数と造形で造成した[1]。各ホールのグリーン周囲には、白樺メタセコイヤドッグウッドなどの花木を植えた[1]2006年平成18年)6月、川田太三の設計によりコースの改造工事が行われた[1]

日本の女子プロゴルフメジャー大会の1つ、日本ゴルフ協会主催競技でもあり、日本選手権大会に相当する、日本女子オープンゴルフ選手権競技大会などの大会開催の実績がある。

所在地編集

〒300-2301 茨城県つくばみらい市高岡830番地の2

コース情報編集

  • 開場日 - 1959年9月18日
  • 設計者 - 佐藤 昌、川田 太三(平成18年改造設計)
  • 面積 - 726,000m2(約21.9万坪)
  • コースタイプ - 林間コース
  • コース - 18ホールズ、パー72、7,055ヤード、コースレート72.4
  • グリーン - ベントの2グリーン
  • プレースタイル - 歩いてのラウンド、全組キャディ付き 
  • 練習場 - 20打席 230ヤード
  • 休場日 - 毎週月曜日(月曜祝日の場合は火曜)、12月31日、1月1日 [2][3]

クラブ情報編集

  • ハウス面積 - 2,409m2(728.7坪)
  • ハウス設計 - 株式会社中山克巳建築設計事務所
  • ハウス施工 - 佐藤工業株式会社

ギャラリー編集

交通アクセス編集

メジャー選手権編集

エピソード編集

  • コースの設計をした佐藤昌は、当時の会報『筑波』では、「新人の設計家 佐藤昌」と紹介されていた、筑波カントリークラブは自身では第1号の作品だった[6]
  • 佐藤昌は初めてゴルフ場用地を見た時、「たじろいた」がそれでも設計を引き受けたのは、「ゴルフ場造りは芝と土を動かす仕事、明らかに造園家の仕事で、元プロゴルファーだけのものではない」といって、無償で働いた[6]
  • 筑波カントリークラブは、現在、日本橋からなら40分、秋葉原からつくばエクスプレスで30分だが、当時は、東京から車で4時間かかった、「茨城のチベット」といわれた[6]

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c d e f g 『美しい日本のゴルフコース BEAUTIFUL GOLF CULTURE IN JAPAN 日本のゴルフ110年記念 ゴルフは日本の新しい伝統文化である』、ゴルフダイジェスト社「美しい日本のゴルフコース」編纂委員会編、「筑波カントリークラブ」、東京 ゴルフダイジェスト社、2013年12月、2021年1月27日閲覧
  2. ^ 「筑波カントリークラブ」、概要、2020年10月26日閲覧
  3. ^ 「筑波カントリークラブ」、ゴルフダイジェスト、ゴルフ場詳細、2020年10月26日閲覧
  4. ^ 「筑波カントリークラブ」、アクセス、2020年10月26日閲覧
  5. ^ 「日本女子オープンゴルフ選手権競技」、日本ゴルフ協会、2021年9月14日閲覧
  6. ^ a b c 『美しい日本のゴルフコース BEAUTIFUL GOLF CULTURE IN JAPAN 日本のゴルフ110年記念 ゴルフは日本の新しい伝統文化である』、ゴルフダイジェスト社「美しい日本のゴルフコース」編纂委員会編、「筑波カントリークラブ」、東京 ゴルフダイジェスト社、2013年12月、2021年1月27日閲覧

関連文献編集

  • 『週刊ダイヤモンド 1971年1月23日号』、「日本のゴルフ場 筑波カントリークラブ 中島清光・伊藤昭二」、東京 ダイヤモンド社、1971年1月23日、2020年10月26日閲覧
  • 『航空写真集 茨城県』、「筑波カントリークラブ」、水戸 茨城新聞社、1983年8月、2020年10月26日閲覧
  • 『ゴルフ場ガイド 東版』2006-2007、「筑波カントリークラブ(茨城県)」、東京 ゴルフダイジェスト社、2006年5月、2020年10月26日閲覧
  • 『美しい日本のゴルフコース BEAUTIFUL GOLF CULTURE IN JAPAN 日本のゴルフ110年記念 ゴルフは日本の新しい伝統文化である』、ゴルフダイジェスト社「美しい日本のゴルフコース」編纂委員会編、「筑波カントリークラブ」、東京 ゴルフダイジェスト社、2013年12月、2020年10月26日閲覧

関連項目編集

外部リンク編集