メインメニューを開く

筑波大学硬式野球部(つくばだいがく こうしきやきゅうぶ、Tsukuba University Baseball Team)は、首都大学野球連盟に所属する大学野球チーム。筑波大学の学生によって構成されている。

歴史編集

1896年(明治29年)に高等師範学校ベースボール部として発足。以後、東京高等師範学校東京文理科大学東京教育大学、筑波大学と校名の変更をしばしば繰り返してきたが、一貫して“茗渓ベースボール”という呼称もある。

東京文理科大学時代の1940年(昭和15年)に東都大学野球連盟に加盟。1947年春季リーグにて2部リーグ優勝を果たし、1部昇格。1部リーグでの最高成績は1947年秋季の4位。東京教育大学時代の1964年(昭和39年)に東都リーグを脱退し、首都大学野球連盟結成に参加。しばらくは1部と2部を往復する時期が続いたが、筑波大学に改組された後の昭和50年代頃から力を着け始め、1部でも上位に残るようになる。

1987年(昭和62年)には功力靖雄監督のもと、渡辺正和小林昭則の二本柱を擁して、第18回明治神宮野球大会で初優勝。国公立大学野球部としては史上初となった全国大会“日本一”を達成した。2018年現在、国公立大学の全国制覇は筑波大学硬式野球部だけとなっている。

本拠地編集

筑波大学球場(茨城県つくば市天王台1丁目1-1)

記録編集

  • 1部リーグ優勝 4回
  • 2部リーグ優勝 12回(東京教育大学時代含む)
  • 明治神宮野球大会 出場3回、優勝1回(1987年)
  • 全日本大学野球選手権 出場1回

主な出身者・関連人物編集

外部リンク編集