メインメニューを開く

寺田 光輝(てらだ こうき、1992年1月5日 - )は、三重県伊勢市出身のプロ野球選手投手)。右投右打。横浜DeNAベイスターズ所属。

寺田 光輝
横浜DeNAベイスターズ #54
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 三重県伊勢市
生年月日 (1992-01-05) 1992年1月5日(27歳)
身長
体重
175 cm
73 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り BCL / 2015年 ドラフト3位[1]
NPB / 2017年 ドラフト6位
年俸 600万円(2019年)[2]
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

目次

経歴編集

プロ入り前編集

伊勢市立厚生小学校(厚生イーグルス)3年時に野球を始める。伊勢市立厚生中学校に進学し軟式野球部に所属。

三重県立伊勢高校に進学後、3年春の県大会一回戦では鬼屋敷正人(元巨人)擁する近畿大学工業高等専門高校に勝利するなどエースとして活躍しチームをベスト4まで導いた。3年夏には関啓扶(元中日)擁する菰野高校にコールド負けを喫し、4回戦敗退。甲子園出場を逃す。

その後三重大学に進学し野球部に所属するも、練習に物足りなさを感じ、2ヶ月で休学。医療系の道を目指して同大学の医学部か、野球を続けるために他大学の受験を決意し、2年の浪人を経て筑波大学に進学し野球部に所属[3]。大学時代は4年時からリリーフとして登板するも目立った活躍はできなかった。卒業後、地元の百五銀行から内定を得るもプロ入りの夢を諦めきれず、独立リーグからNPBを目指すことを決意[4]。その後、ベースボール・チャレンジ・リーグ(BCL)の石川ミリオンスターズに入団した。

独立リーグ・石川時代編集

石川では抑えとして1年目から40試合、防御率1.11、3勝1敗19Sと活躍したが、NPBのドラフト指名には漏れた。2年目は35試合、防御率2.41、0勝3負10Sで、前年よりやや成績を落としたが、2017年度ドラフト会議にて横浜DeNAベイスターズから6巡目で指名を受けた。

横浜DeNAベイスターズ時代編集

2018年は一年間を通じて二軍で過ごした。ファームでは主に中継ぎとして13試合に登板したが、8月15日に横浜市内の病院で椎間板ヘルニアの手術を行った事が球団から発表された[5]

詳細情報編集

背番号編集

  • 54 (2018年 - )

脚注編集

関連項目編集

外部リンク編集