メインメニューを開く
篠原英太郎

篠原 英太郎(しのはら えいたろう、1885年明治18年)10月10日 - 1955年昭和30年)3月7日)は、日本の内務官僚林内閣内務次官、官選県知事京都市長

来歴・人物編集

長野県出身。篠原武兵衛の五男として生まれる。第三高等学校を経て、1911年7月、東京帝国大学法科大学法律学科(独法)を卒業し、内務省に入り山梨県属となる。1912年11月、文官高等試験に合格した。

以後、石川県理事官朝鮮総督府殖産局土地改良課長、内務省大臣官房文書課長、同都市計画課長、北海道庁土木部長などを歴任。

1927年5月、山形県知事に就任。1929年10月、文部省普通学務局長に転じた。1931年12月、岡山県知事に就任。1934年8月、愛知県知事となり、1937年2月に内務次官に就任。同年6月に内務次官を辞任し退官した。

その後、東京市助役を経て、1942年7月、京都市長に就任したが、1946年2月、公職追放となり退任した。

1955年3月7日死去。享年69。

参考文献編集

  • 上田正昭他『日本人名大辞典』講談社、2001年。
  • 歴代知事編纂会編『新編日本の歴代知事』歴代知事編纂会、1991年。
  • 秦郁彦編『日本官僚制総合事典:1868 - 2000』東京大学出版会、2001年。


公職
先代:
湯沢三千男
  内務次官
第39代:1937年
次代:
広瀬久忠