メインメニューを開く

簑輪 諒(みのわ りょう、1987年10月[1] - )は、日本の歴史・時代小説作家。

目次

略歴編集

栃木県宇都宮市出身[1]。2014年、丹羽家の敗者復活劇を描いた『うつろ屋軍師』が第19回歴史群像大賞の佳作となり、作家デビュー[2]操觚の会会員。

著書編集

アンソロジー収録作品編集

  • 短編「名だけを残して」 収録:『決戦!関ヶ原2』(講談社、2017年)
  • 短編「川中島を、もう一度」 収録:『戦国番狂わせ七番勝負』(文芸春秋、2017年)・『時代小説ザ・ベスト2018』(集英社、2018年)
  • 短編「糟屋助右衛門の武功」 収録:『決戦!賤ヶ岳』(講談社、2017年)
  • 短編「淵瀬は廻る」 収録:『決戦!設楽原』(講談社、2018年)

脚注編集

  1. ^ a b プロフィール 簑輪諒 official website
  2. ^ 『最低の軍師』著者紹介

外部リンク編集