メインメニューを開く

簗川ダム(やながわダム)は、北上川の支流である簗川中流部の岩手県盛岡市に建設が計画されている重力式コンクリートダムである。計画に伴い、簗川に並行する国道106号県道43号の各一部区間は水没するため、付け替え工事がなされ、2015年に開通した。なお、簗川の「簗」の字を「梁」にするのは誤り。

簗川ダム
所在地 岩手県盛岡市川目2地割(左岸)
位置 北緯39度40分23秒
東経141度15分47秒
ダム諸元
ダム型式 重力式コンクリートダム
堤高 77.2 m
堤頂長 241.0m m
総貯水容量 19,100,000 m³
有効貯水容量 16,700,000 m³
利用目的 洪水調節
事業主体 岩手県
施工業者 清水建設鴻池組平野組 (建設業)特定共同事業体[1]
着手年/竣工年 2015年/2021年(予定)
テンプレートを表示

簗川ダム編集

盛岡地区東部は昔から洪水に見舞われており、その度に国道106号が通行止めになったり、死者が出たりするなどの被害が出ている。一方、1973年昭和48年)、1978年(昭和53年)、1989年平成元年)などには夏季の渇水による水不足の被害も出ている。また、簗川の氾濫によって被害を受ける地域では、近年人口が増加傾向にある。そこで、洪水対策と水不足対策として『放水トンネル』案や、『宅地嵩上げ』案などを検討したが、いずれもコストや時間がかかるので、比較的簡単な案として『ダム建設』案が採用された。 ダム建設案は国の政策で一度は凍結状態になったが、のち凍結は解除された。2014年に施工業者が決まり、2015年にダム本体の工事に入った。


出典編集

脚注編集

関連項目編集

外部リンク編集