米倉 昌尹(よねくら まさただ)は、江戸時代前期の旗本大名若年寄武蔵国金沢藩主、下野国皆川藩初代藩主。官位従五位下丹後守

 
米倉 昌尹
時代 江戸時代前期
生誕 寛永14年(1637年
死没 元禄12年7月12日1699年8月7日
改名 牛助(幼名)、昌尹
別名 市左衛門(通称)、昌安
戒名 蔵林寺殿徳石道明大居士
墓所 神奈川県秦野市堀山下の蔵林寺
官位 従五位下丹後守
幕府 江戸幕府
主君 徳川家光家綱綱吉
武蔵金沢藩主、下野皆川藩
氏族 米倉氏
父母 米倉昌純簗田直次
金森重義
渡辺守
昌明昌仲、女子
テンプレートを表示

生涯編集

寛永14年(1637年)、400石の米倉昌純(初名、政継)の長男として誕生。正室は金森重義娘、継室は渡辺守娘。

正保2年(1645年)6月9日、3代将軍・徳川家光に拝謁し、承応3年(1654年)2月23日に御小姓となる。貞享元年(1684年)7月19日に600石に登った米倉家の家督を継ぐ。

貞享2年(1685年)8月12日、御徒士頭となり、貞享3年(1686年)9月18日に目付となる。貞享4年(1687年)2月26日に番頭となり、元禄3年(1690年)3月27日に武蔵国内で500石を加増され、同年12月18日に叙任する。元禄5年(1692年)1月11日、上野国内で1000石を加増され、元禄7年(1694年)1月7日に武蔵国内で1000石を加増される。同年12月15日にも武蔵国内で1000石加増される。元禄9年(1696年)3月28日に若年寄に任じられ、それにより1万石を与えられたことで大名として諸侯に列し、武蔵金沢藩主となる。

元禄12年(1699年)1月にも5000石を加増され、下野皆川に移封されて1万5000石となるが、同年7月12日死去。

跡を長男・昌明が継いだ。