粟屋敏信

日本の政治家、官僚


粟屋 敏信(あわや としのぶ、1926年大正15年)7月25日 - 2016年平成28年)9月4日)は、日本政治家建設官僚

目次

来歴編集

広島県出身。旧制広島高等師範学校附属中学校旧制広島高等学校東京大学法学部卒業後、旧建設省に入省し、建設事務次官等を歴任。

退官後の1983年昭和58年)の第37回衆議院議員総選挙では、灘尾弘吉の地盤を継承し旧広島1区から自由民主党公認で出馬したが落選。1986年(昭和61年)の第38回衆議院議員総選挙で初当選。以後5期連続当選。

第40回衆議院議員総選挙新生党第41回衆議院議員総選挙新進党、その後、太陽党民政党を経て、第42回衆議院議員総選挙無所属の会から出馬し当選(広島2区)。

衆議院地方行政委員長等を歴任し、2003年平成15年)に政界を引退。

北九州マツダの常務や広島国際大学の教授等を歴任した末田紘は又従兄の長男にあたる[1]

2016年9月4日午前10時39分、老衰のため、東京都内の病院で死去、90歳没[2]

生前に旭日重光章を叙勲、没後従三位に叙された[3]

参考文献編集

脚注・出典編集

[ヘルプ]
  1. ^ 『日本紳士録 第80版 2』、す 245頁。
  2. ^ 元衆院議員の粟屋敏信氏死去 - 時事ドットコム 2016年9月5日
  3. ^ 故粟屋敏信元衆院議員に従三位 - 時事ドットコム 2016年9月30日

関連項目編集


議会
先代:
中馬弘毅
  衆議院地方行政委員長
1993年 - 1995年
次代:
川崎二郎
党職
先代:
結党
太陽党政務調査会長
初代:1996年 - 1998年
次代:
民政党に合流