メインメニューを開く

細川 行孝(ほそかわ ゆきたか)は、肥後宇土藩の初代藩主。細川立孝の長男。

 
細川行孝
Hosokawa Yukitaka.JPG
時代 江戸時代前期 - 中期
生誕 寛永14年3月4日1637年3月30日
死没 元禄3年6月4日1690年7月9日
改名 宮松(幼名)→行孝
墓所 泰雲寺
官位 従五位下、丹後
幕府 江戸幕府
主君 徳川家光家綱綱吉
肥後宇土藩
氏族 細川氏
父母 父:細川立孝、母:慈広院(布施野氏)
兄弟 行孝亀松、女(大炊御門経光室)
正室:佐舞(三・さん/源立院、加来佐左衛門の娘)
宮松三之助有孝
テンプレートを表示

生涯編集

寛永14年(1637年)3月4日に熊本八代で生まれた。八代城主だった祖父・細川忠興は、熊本藩主・細川忠利たちの反対を押し切り、自分の隠居所である八代城と隠居領である八代領9万5000石を、可愛がっていた行孝の父・立孝(立允ともいう)に継がせ、八代支藩の設立を考えていた。しかし正保2年(1645年)閏5月に立孝が死去、忠興も同年末に死去したため、この話は一旦立ち消えとなり、八代は細川本藩領、八代城代を本藩家老の松井家が代々勤めることとなった。

忠利の跡を継いだ細川光尚は、八代の代わりに宇土・益城郡内に3万石の領地を設け、立孝嫡男の行孝に授けた。ここに支藩としての宇土藩が成立した。

行孝の藩政における功績として大きなものは、元禄3年(1690年)に上水道轟泉水道)を設置したことである。これは当時、宇土市街の水質が悪かったためであった。同年6月4日、54歳で死去し、跡を三男の有孝が継いだ。

土芥寇讎記』において、藩政は熊本本藩に準じた指導下にあったとされ、行孝は領民を憐れみも貪りもしなかった、と記されている。さらに行孝自身については、悠然としかし陰気であり、和歌道に夢中であるが、歌道は余力でやるべきことであり、つまり政治を行うべき、と評されている。

 
轟泉水道の水道取入口に刻まれた細川九曜