メインメニューを開く

細谷 資彦(ほそや すけひこ、1897年明治30年)6月13日-1944年昭和19年)9月12日は、日本海軍軍人。海軍少将従四位勲三等[1]

細谷 資彦
生誕 1897年6月13日
死没 (1944-09-12) 1944年9月12日(47歳没)
東シナ海[1][2]
所属組織 大日本帝国海軍の旗 大日本帝国海軍
軍歴 1920 - 1944
最終階級 海軍少将
墓所 谷中墓地
テンプレートを表示

生涯編集

父は日露戦争において特務艦隊司令官[3]を務めた海軍少将 細谷資氏で、その二男。細谷は海軍兵学校47期を経て海軍大学校航海学生を卒業した航海科専攻士官で、空母加賀」、「鳳翔」、戦艦霧島」、「長門」などで航海長を歴任[1]。中央では海軍省人事局員、伏見宮博恭王附武官のほか軍令部出仕として臨時戦史部に勤務(第四部第八課長)[2]大佐進級後に砲艦安宅艦長として日中戦争を戦い、1943年(昭和18年)12月に第一海上護衛隊運航指揮官に就任し、翌年にヒ72船団の指揮中に戦死した。

細谷の墓は東京都台東区の谷中霊園にある。

出典編集

  1. ^ a b c 『日本海軍史』(第10巻)「細谷資彦」
  2. ^ a b 『陸海軍将官人事総覧 海軍篇』「細谷資彦」
  3. ^ 『日本海軍史』(第10巻)「細谷資氏」

参考文献編集

  • 『海軍兵学校出身者(生徒)』発行者:海軍兵学校出身者(生徒)名簿作成委員会、1987年10月20日 第三版(改訂版)Pg132
  • 海軍歴史保存会『日本海軍史』(第10巻)、第一法規出版
  • 外山操編『陸海軍将官人事総覧 海軍篇』、芙蓉書房出版

関連項目編集