メインメニューを開く

細谷 資氏(ほそや すけうじ、1858年2月12日安政4年12月29日) - 1944年昭和19年)1月2日は、日本海軍軍人海兵5期。最終階級は海軍少将仁川沖海戦開戦時における第三艦隊第七戦隊司令官(少将)[1]海軍砲術学校砲術練習所長。

細谷 資氏
生誕 1858年2月12日
安政4年12月29日
徳川葵 江戸幕府 江戸
死没 (1944-01-02) 1944年1月2日(85歳没)
大日本帝国の旗 大日本帝国
所属組織 大日本帝国海軍の旗 大日本帝国海軍
軍歴 1874 - 1907
最終階級 海軍少将
墓所 谷中墓地
テンプレートを表示

目次

生涯編集

1858年2月12日安政4年12月29日)、武蔵国豊島郡江戸八代洲河岸で生まれる。

1918年12月29日退役した[2]

細谷の墓は東京都台東区の谷中霊園にある。

息子の資彦(次男)、資芳(三男)は海軍軍人。

栄典・授章・授賞編集

艦長を務めた艦艇編集

脚注編集

  1. ^ 平塚 2009, p. 58
  2. ^ 『官報』第1930号、大正8年1月11日。
  3. ^ 『官報』第929号「叙任」1886年8月5日。
  4. ^ 『官報』第2541号「叙任及辞令」1891年12月17日。
  5. ^ 『官報』第4402号「叙任及辞令」1898年3月9日。
  6. ^ 『官報』第5937号「叙任及辞令」1903年4月21日。
  7. ^ 『官報』第3676号「叙任及辞令」1895年9月28日。
  8. ^ 『官報』号外「叙任及辞令」1906年12月30日。

参考文献編集

  • 平塚柾緒 『日本海海戦: 写真が記録した日露戦争』 学研パブリッシング、2009年。ISBN 9784059012474http://books.google.com/books?id=7l4zVld7-O4C 
  • 『海軍兵学校出身者(生徒)』発行者:海軍兵学校出身者(生徒)名簿作成委員会、1987年10月20日 第三版(改訂版)Pg17
  • 鈴木健二『在外武官物語』芙蓉書房、1979年3月20日 Pg203, Pg210

関連項目編集

外部リンク編集