メインメニューを開く

組織系建築設計事務所

ウィキメディアの一覧記事

組織系建築設計事務所(そしきけいけんちくせっけいじむしょ)は、設計専業で特に規模の大きな建築設計事務所に対する通称である。アトリエ系建築設計事務所としばしば比較される。

特徴編集

一つの建築設計事務所で、意匠・建築構造・建築設備・エンジニアリングシステムなどを計画設計することが可能であり、さらに建築工事現場における監理もできるという特徴を持つ。全国の主要都市(あるいは海外)に支店・支社等があり、日本あるいは海外各地の大規模な建築物の設計・監理を行っていることが多い。このような背景のもと多くの物件・事業、多種の建築物にも対応が可能であるため、必然的に実績等を蓄積している場合が多い。その反面、アトリエ系事務所に比べると、経済効率や信頼性が優先される傾向にあるため、実験的なデザイン等を自由に行うことが少ない。しかしながらデザイン性に劣るというわけではなく、堅実なデザインを得意とするという側面が強いといえる。なお組織系事務所出身のアトリエ系建築家も少なくない。

主な組織系建築設計事務所編集

関連項目編集