株式会社梓設計(あずさせっけい)は、日本組織系建築設計事務所

株式会社 梓設計
Azusa Sekkei Co., Ltd.
種類 株式会社
市場情報 非上場
本社所在地 日本の旗 日本
144-0042
東京都大田区羽田旭町10-11
MFIP羽田3F
設立 1946年10月10日
業種 サービス業
法人番号 9010701000413 ウィキデータを編集
事業内容 建築設計、工事監理、都市計画・地域計画、調査・企画、
コンサルタント、
トータルマネージメント、ほか
代表者 杉谷 文彦(代表取締役社長
資本金 9,000万円
純利益 3億5201万2000円(2020年06月30日時点)[1]
純資産 29億0698万9000円(2020年06月30日時点)[1]
総資産 92億1041万8000円(2020年06月30日時点)[1]
従業員数 約600名
外部リンク http://www.azusasekkei.co.jp/
テンプレートを表示

概要編集

梓設計はその前身である梓建築事務所として、1945年昭和20年)に清田文永を中心とするメンバーによって創設された。

同社は早くからBIM導入にも取り組み、2010年平成22年)には国土交通省初のBIM採用を条件とした試行案件「新宿労働総合庁舎外設計業務」公募型プロポーザルに応募・選定された。

沿革編集

事故編集

茨城空港開港後1年目の2011年3月11日東北地方太平洋沖地震東日本大震災)が発生し、空港ターミナルビルでも天井パネル落下の被害が生じた。茨城県開発公社は当空港の建設段階で天井パネルの不必要さを指摘し、設計会社である梓設計へこの旨を伝えていたにも関わらず、梓設計は見た目や防音・吸音を重視して当パネルを当空港ロビーへ設置していた[2]。なお、この落下パネルを処理するため、12日・13日はロビーを全面閉鎖、天井パネルを除去し、落下しなかった天井も全て撤去。大震災発生から3日後に当たる14日には営業を再開、全面復旧した[3]

主な作品編集

 
東京国際空港国際線旅客ターミナル
 
青森県立三沢航空科学館
 
埼玉スタジアム

関係人物編集

  • 清田文永
  • 大竹十一
  • 多田正男
  • 田村敏夫
  • 春山一郎
  • 北村總一
  • 森  浩
  • 加藤幸三
  • 今井一郎
  • 杉谷文彦

参考文献編集

  • 建築計画・設計シリーズ『都市再開発』
  • 建築設計資料 85 屋上緑化・壁面緑化
  • 建築画報特集/梓設計 体育・スポーツ施設, 1985年(昭和60年)
  • 建築画報特集/梓設計60周年,2006年
  • 建築画報/東京国際空港新たな羽田更なる飛躍,2010年
  • 新建築社/東京国際空港国際線旅客ターミナル,2011年
  • 近代建築/特集梓設計のスポーツ施設,2011年10月号

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c 株式会社梓設計 第75期決算公告
  2. ^ 日経アーキテクチュア 木村駿 (2011年6月27日). “天井崩落の茨城空港が選んだ「張らない復旧」”. 『日本経済新聞』. 2015年2月22日閲覧。
  3. ^ 東日本大震災:茨城空港、14日から開港[リンク切れ]『毎日新聞』2011年3月14日

外部リンク編集