メインメニューを開く

緑の光線』(みどりのこうせん、原題 : Le Rayon vert )は、1882年に刊行されたジュール・ヴェルヌ恋愛小説

緑の光線
Le Rayon vert
Verne-Paprsek-fronti.jpg
著者 ジュール・ヴェルヌ
イラスト レオン・ベネット (Léon Benett)
発行日 1882年
発行元 ピエール=ジュール・エッツェル (Pierre-Jules Hetzel)
ジャンル 冒険小説恋愛小説
フランスの旗 フランス
言語 フランス語
Portal.svg ウィキポータル 文学
[ Wikidata-logo-en.svg ウィキデータ項目を編集 ]
テンプレートを表示

概要編集

グリーンフラッシュを題材としている。ヴェルヌとしては異色の、女性が主人公の恋愛小説として仕上がっており、スコットランドの風光明媚な土地と文学への、ヴェルヌの思い入れが随所に見受けられる。

あらすじ編集

水平線に太陽が沈む一瞬に発するとされる緑の光線を目撃すると、自分と他人の心の中が見えるようになるという言い伝えが、『モーニング・ポスト』紙に掲載された。記事を元にヘレナ・キャンベルは、2人の伯父とともに水平線を探す旅に出るが、なかなか見ることができず、ヘブリディーズの島々を放浪する。

登場人物編集

  • ヘレナ・キャンベル (Helena Campbell) - 緑の光線の伝説の影響で、伯父たちとヘブリディーズの島々への旅に出る。
  • サムとシブ (Sam et Sib Melvill) - ヘレナ・キャンベルの伯父。ヘレナに振り回される。
  • アリストビューラス・ウルシクロス (Aristobulus Ursiclos) - 無粋な科学者。
  • オリヴァー・シンクレア (Olivier Sinclair) - コリヴレカンの渦潮に捲き込まれるが、ヘレナ一行の船に救助される。

日本語訳編集

  • 『緑の光線』中村三郎(訳)、パシフィカ、1979年 - 『北海の越冬/緑の光線』に収録される。
  • 『緑の光線』中村三郎(訳)、文遊社、2014年

外部リンク編集