緑色革命(りょくしょくかくめい、The Greening of America)は、1970年チャールズ・A・ライクの著書。1960年代の対抗文化英語版とその価値観を讃えたピーアン(讃歌)の書。内容の一部は、雑誌『ザ・ニューヨーカー1970年9月26日号に、エッセイとして最初に掲載された[1]。この本を最初に出版したのは、ランダムハウス社であった。

緑色革命
The Greening of America
著者 チャールズ・A・ライク
訳者 日本語訳:邦高忠二
発行日 1970年
発行元 ランダムハウス
ジャンル ノンフィクション/社会学
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
ページ数 399ページ(ハードカバー)
次作 Garcia: A Signpost to New Space
コード B000NWMY5E
[ Wikidata-logo-en.svg ウィキデータ項目を編集 ]
テンプレートを表示

概要編集

この本の議論は、3種類の異なった意識の型をめぐって展開する。「意識I」は、19世紀アメリカにおいて大多数を占める存在であった、農村部の農民や、スモールビジネスに従事する人々の世界観に当てはめられる。「意識II」は、「組織社会 (an organizational society)」の観点を代表し、メリトクラシーや、様々な大きな組織を通した改善を特徴とするもので、ニューディール世代、第二次世界大戦世代、1950年代世代を通して支配的なものであった。「意識III」は、1960年代のカウンターカルチャーの世界観を代表するもので、個人の自由権平等主義リクリエーショナル・ドラッグ英語版などに焦点を当てていた[2]

この本は、社会学的分析に、ロック音楽大麻ブルージーンズへのパネジリック英語版(讃歌)を混ぜ合わせ、こうした諸々のファッションが、世界観の根本的な変革を体現しているのだと議論するものであった。

ベストセラー編集

この本は、1970年から1971年にかけて、ベストセラーとなり、1970年12月27日には、『ニューヨーク・タイムズ』紙の週刊付録『ニューヨーク・タイムズ・ブック・レビュー』のベスト・セラー・リスト英語版の首位に立ち、その後も首位に立つ週があった[3]

脚注編集

  1. ^ Reich, Charles A. (1970年9月26日). “Reflections: The Greening of America”. The New Yorker: 42. http://www.newyorker.com/archive/1970/09/26/1970_09_26_042_TNY_CARDS_000298460 2008年7月11日閲覧。. 
  2. ^ Charles A. Reich, The Greening of America (25th anniversary edition, Three Rivers Press, 1995) ISBN 0-517-88636-7
  3. ^ New York Times Best Seller Number Ones Listing

参考文献編集

外部リンク編集