美々津県(みみつけん)は1871年明治4年)に日向国北部を管轄するために設置された。現在の宮崎県北部にあたる。

美々津県庁跡 2011年1月

概要編集

後年作成された1872年(明治4年)旧12月の行政区画地図における美々津県

第1次府県統合により延岡県高鍋県佐土原県を統合し、日田県のうち旧富高県人吉県のうち臼杵郡椎葉地方4村の移管を受けて成立。その後、都城県の一部(日向国)と合併して宮崎県が発足し消滅するまで1年3ヵ月ほどであった[1]

美々津県参事の福山健偉は引き続き宮崎県(第1次)参事を務めた。

沿革編集

管轄地域編集

歴代知事編集

参考文献編集

本文の典拠。主な編著者の順。

  • 甲斐亮典(監修) 『図説東臼杵・西臼杵の歴史』郷土出版社〈宮崎県の歴史シリーズ〉、2008年。 
    • 「■近代美々津県の発足 一年三か月の短命に終わる」p172
    • 「日向国世直し一揆の珍事 高千穂・細島一揆」p174
  • 我部政男、広瀬順晧 編 『国立公文書館所蔵 勅奏任官履歴原書』 下巻、柏書房、1995年、76頁。 
  • 喜田貞吉 編「第十編 明治時代史」 『日向国史』(下巻)史誌出版社、1930年(昭和5年)、(コマ番号0293.jp-)頁。doi:10.11501/1213695 インターネット公開[注釈 4]
    • 「第一章 府縣藩三治時代」p565 (0293.jp2)
      • 「第一節 戊辰戰役と國內諸藩」565 (0293.jp2)
      • 「第二節 高鍋藩」p590 (0306.jp2)
      • 「第三節 飫肥藩」p613 (0317.jp2)
      • 「第四節 佐土原藩」p636 (0329.jp2)
      • 「第五節 延岡藩」p652 (0337.jp2)
      • 「第六節 富高縣」p657 (0339.jp2)
      • 「第七節 日田縣」p659 (0340.jp2)
    • 「第二章 版籍奉還と廢藩置縣」p683 (0352.jp2)
      • 「第一節 版籍奉還」p683 (0352.jp2)
      • 「第二節 廢藩置縣」p688 (0355.jp2)
    • 「第三章 美々津縣、都城縣の並置と八代縣の分管」p699 (0360.jp2)
      • 「第一節 美々津縣」 p699 (0360.jp2)
      • 「第二節 都城縣」p708 (0365.jp2)
      • 「第三節 八代縣」p723 (0372.jp2)
    • 「第四章 宮崎縣の設置」p736 (0379.jp2)
      • 「第一節 宮崎縣の創置」p736 (0379.jp2)
      • 「第二節 鹿兒島縣管下時代」p795 (0408.jp2)
      • 「第三節 宮崎縣の再置」p815 (0418.jp2)
  • 「美々津都城ノ二県ヲ廃シ宮崎県ヲ置」(和装) 『布告類編 明治6年』 9巻、記録課、東京、明治7年11月、1丁 (コマ番号0008.jp2)頁。doi:10.11501/787809 インターネット公開。
  • 新聞集成明治編年史編纂会編「新聞集成明治編年史」、林泉社、1936年-1940年、 全国書誌番号:50002761
    • 「美々津、都城二縣廢止」三
  • 太政官「八代県管轄肥後国球磨郡ノ内ヲ美々津県ニ交割セシム」『日本法令索引』(明治前期編)、1872a。
  • 太政官「八代県管轄肥後国球磨郡ヲ美々津県ニ管轄セシム」『日本法令索引』(明治前期編)、1872b。
  • 太政官「美々津県地所物成郷村等宮崎県ヘ引渡サシム」『日本法令索引』(明治前期編)、1873年。
  • 日向市史編さん委員会 編「美々津県庁文書1」 『日向市史 史料編』日向市、2003年、25頁。 
  • 日向市史編さん委員会 編「美々津県庁文書2」 『日向市史 史料編 [2]』日向市、2004年。 
  • 宮崎県 編 『宮崎県史 通史編』(近・現代 1)宮崎県。 
    • 「明治維新と日向諸藩の動向 §藩制改革」p15
    • 「第二節 廃藩置県 §第一項 美々津県・都城県の設置」p17
    • 「日向国の廃藩置県」p17
    • 「美々津県政」p19
    • 「都城県政」p22
    • 「両県間に派生した問題点」p24

脚注編集

注釈編集

  1. ^ 『日向国史』「第十編 明治時代史」に各郡の廃藩置県直後の所属について、たとえば臼杵郡は旧延岡県65村と旧高鍋県1村、旧人吉県4村、旧日向県5村など、内訳を記している[2]
  2. ^ 日向市史編さん委員会編『日向市史 史料編 美々津県庁文書1』[7]、『国立公文書館所蔵 勅奏任官履歴原書 下巻』[8]では「12月7日」。
  3. ^ 『日向国史』「第十編 明治時代史」によると明治5年正月(1月)12日[2]
  4. ^ 以下、喜田資料のページ番号に添えた丸カッコ内の記述は、国立国会図書館が公式サイトに載せた電子版の見開き番号を示す。

出典編集

  1. ^ 甲斐 2008, p. 172.
  2. ^ a b c d e 喜田 1930, p. 699, 「第三章 美々津縣、都城縣の並置と八代縣の分管 §第一節 美々津縣」
  3. ^ 太政官 & 1872年a, 八代県管轄肥後国球磨郡ノ内ヲ美々津県ニ交割セシム
  4. ^ 太政官 1873
  5. ^ 『布告類編』, 第9巻.
  6. ^ 新聞集成明治編年史 & 1936-1940, p. 3, 「美々津、都城二縣廢止」.
  7. ^ 『日向市史』史料編 2003, p. 25
  8. ^ 我部政男・広瀬順晧 1995, p. 76

関連資料編集

発行年順。

  • 禿氏祐祥 著「日向國美々津縣合寺の件」、村上専精 等 編 『明治維新神仏分離史料 続編』 上、東方書院、1928年(昭和3年)、p977 (コマ番号0512.jp2)頁。doi:10.11501/1178624 国立国会図書館限定。神仏毀釈について。
  • 石川恒太郎 編「第五項 美々津縣時代」(マイクロ) 『富島町史』富島町(宮崎県)、1941年(昭和16年)、231- (コマ番号0125.jp2)頁。doi:10.11501/1042236 国立国会図書館内/図書館・個人送信。
  • 小寺鉄之助(編著)「第二章 明治一揆篇 §三、佐土原・高鍋百姓一揆(五年九、十月)」 『宮崎県編年史料』 別巻 (宮崎県百姓一揆史料)(2版)、1956年。doi:10.11501/2993919 国立国会図書館内/図書館・個人送信
    • 「同五年美々津県旧記南北郡治所一巻、庁中万留、東京案文、東京支庁掛合案、鹿児島県美々津県到来留(宮崎県立図書館蔵)」※=明治。
    • 「十二、補遺 §」(八)美々津の米騒動(二十三年)」p205 (コマ番号0113.jp2)
  • 石川恒太郎 編(マイクロ) 『写真集明治大正昭和日向』国書刊行会〈ふるさとの想い出142〉、1980年。doi:10.11501/9773351 国立国会図書館限定。
    • 「古代を偲ぶ」
    「15 美々津房ノ下古墳 I」p12
    「16 美々津房ノ下古墳 II」p12
    「17 美々津房ノ下古墳 III」p13
    「18 美々津房ノ下古墳 IV」p13
    • 「港の風景」
    「64 美々津港の景 I」p40
    「65 美々津港の景 II」p/42
    「66 美々津港の景 III」p42
    「67 美々津港遠望」p43
    「68 美々津港 I」p44
    「69 美々津港 II」p44
    「70 美々津港 III」p45
    「71 美々津港 IV」p45
    • 「明治初期」
    「72 美々津県庁跡」p46
    • 「市街地」
    「83 美々津市街の舗装」p55
    「142 美々津駅開業」p84
    「148 美々津の松並木」p90
    「149 美々津の松並木」p90
    「158 美々津の七夕祭りパレード」p96
    「169 美々津川口の風景」p101
  • 『社寺取調類纂 国立国会図書館所蔵』雄松堂フィルム出版、1983年。全国書誌番号:84013403 マイクロ ; マイクロリール68巻 ; 35mm + 解説・収録目録 (143p ; 21cm)。以下「※」の文責は教務省か?
    • 「美々津県届 佐土原藩内神社調査同」p6、p8、R-49
    • 「神社調査(元美々津県・石鉄県)明治6.1. 」R-61
    • 「宮崎県県社申立 明治6.4.」R-61
  • 東郷町 編 『東郷町史 通史編』東郷町、1999年。全国書誌番号:21514924 
    • 「第三章 行政 §第一節 延岡県から美々津県時代の四村」p408
      「(一) 明治はじめの四村」p408
      「(二) 宮崎県の誕生と四村」p416
    • 「第五章 産業・経済 第八節 観光・レクリェーション」
「五 美々津ゴルフ場」p1049
  • 北川町 編 『北川町史 通史編』北川町、2004年。 
    • 「西南戦争は何であったか」p304
    • 「第三章 行政§第一節 二村時代」p307
    • 「(一) 延岡県から美々津県時代の二村」p307
    • 「(二) 宮崎県の誕生と北川の二村」p314
    • 「(三) 鹿児島県時代の二村」p318
  • 甲斐亮典(監修) 『図説児湯の歴史』郷土出版社〈宮崎県の歴史シリーズ〉、2008年。 
    • 「菊池の殿様と米良山 八代県から美々津県さらに宮崎県」p176
  • 「美々津港(宮崎県日向市) 日常生活に歴史と伝統を刻む 神武天皇『お船出の地』〈探訪 港町 (Archive vol.06)〉」第54巻第10号、財界九州社、2013年10月。
  • 西都市史編さん委員会、西都市史編集委員会 編 『西都市史 通史編』 下、西都市、2016年。 
    • 「一 幕府体制の崩壊と廃藩置県」p3(「戊辰戦争神仏分離令と廃仏毀釈」「府県藩三治制と廃藩置県」)
    • 「二 美々津県時代(明治四年十一月十四日~明治六年一月十五日)」p8(「美々津県の設置と県域の変更」「米良山の教育大区小区制の導入」
    • 「三 明治初期の騒擾事件と美々津県の廃止」p13

関連項目編集

先代
延岡県高鍋県佐土原県富高県
行政区の変遷
1871年 - 1873年
次代
宮崎県(第1期)