メインメニューを開く
宮崎県臼杵郡の位置

臼杵郡(うすきぐん)は、宮崎県日向国)にあった

郡域編集

1879年明治12年)に行政区画として発足した当時の郡域は、下記の区域にあたる。

歴史編集

日向国および西海道の郡では最大の面積を持ち、南で児湯郡と接し、北で豊後国、西で肥後国と国境を成した。 和名類聚抄によると、は四つのから構成されており、氷上郷、英多郷、智保郷、刈田郷が記載されている。 建久8年の図田帳(島津家文書)に依ると、塩見・三十五町、富高・三十町、県庄・百三十町、富田・八十丁、岡富庄・五十町、多奴田・十町、田嶋庄・九十町、高智尾社・八町、新名・五十町、浮目・七十町、伊富形(いがた)・十五町、大貫・十二町、三宅郷・二十町、三納(みのう)郷・四十町、間世田・八町、右松保廿・五町。他? 合計六百七十三町。とある。同資料における日向の総町数は八千百六十であるので全体の8%程度である。

近世以降の沿革編集

所属町村の変遷は東臼杵郡#郡発足までの沿革西臼杵郡#郡発足までの沿革をそれぞれ参照

参考文献編集

関連項目編集

先代:
-----
行政区の変遷
- 1884年
次代:
東臼杵郡西臼杵郡