メインメニューを開く

群馬県道320号中小泉停車場線

日本の群馬県の道路

群馬県道320号中小泉停車場線(ぐんまけんどう320ごう なかこいずみていしゃじょうせん)は、群馬県邑楽郡大泉町小泉町駅から県道綿貫笹塚線に至る一般県道である。

一般県道
Japanese Route Sign Number 3.svgJapanese Route Sign Number 2.svgJapanese Route Sign Number 0.svg
群馬県道320号標識
群馬県道320号中小泉停車場線
路線延長 0.4647 km
制定年 1959年 群馬県認定
起点 群馬県邑楽郡大泉町
城之内2丁目/東小泉3丁目
終点 群馬県邑楽郡大泉町
中央1,3丁目/東小泉3丁目
テンプレート(ノート 使い方) PJ道路

目次

概要編集

本路線は、大泉町の小泉町駅群馬県道142号綿貫篠塚線(旧国道354号)を結ぶ460m程[1]の道路である。道路は群馬県道38号足利千代田線と並行して走る。

路線データ編集

歴史編集

地理編集

通過する自治体編集

沿線編集

脚注編集

[ヘルプ]

注釈編集

  1. ^ 昭和34年の路線認定当初での表記では、中小泉停車場である[2]
  2. ^ 昭和34年の路線認定当初での表記では、県道館林境線(邑楽郡大泉町大字上小泉1151番)である[2]
  3. ^ かつては国道354号の現道にも指定されたこともある道路で、現在は群馬県道142号綿貫篠塚線となっている。

出典編集

  1. ^ a b c 群馬県県土整備部道路管理課『道路台帳 平成26年4月1日現在』
  2. ^ a b 昭和34年群馬県告示第326号 県道の供用開始に関する告示(群馬県報 号外、1959年9月18日、pp. 24–39、群馬県立図書館所蔵)
  3. ^ 昭和34年群馬県告示第324号 県道路線認定に関する告示(群馬県報 号外、1959年9月18日、pp. 1–15、群馬県立図書館所蔵)
  4. ^ 昭和34年群馬県告示第325号 県道路線廃止に関する告示(群馬県報 号外、1959年9月18日、pp. 15–24、群馬県立図書館所蔵)

参考文献編集

  • 群馬県県土整備部道路管理課『道路台帳 平成26年4月1日現在』2015年

関連項目編集