メインメニューを開く

羽佳 純子(はねよし じゅんこ、1967年6月30日 - )は、中国北京市出身の卓球選手。中国名は李雋(り しゅん、リー・ジュン)。中国代表チームに所属し、1989年世界卓球選手権・女子シングルスベスト16、1991年世界卓球選手権・女子ダブルス3位などの成績を残す。1992年に来日し、日産自動車淑徳短大を経て、日本卓球リーグのサンリツでプレーする。2000年3月に帰化し、2001年の世界卓球選手権・大阪大会では同じ中国からの帰化選手である高田佳枝とともに日本代表チームのエースとして活躍、日本女子団体18年ぶりのメダル獲得(銅メダル)に大きく貢献した。現在[いつから?]は自身の卓球クラブ「羽佳卓球倶樂部」を運営している。

羽佳純子 Table tennis pictogram.svg
基本情報
生年月日 (1967-06-30) 1967年6月30日(52歳)
選手情報
利き腕
グリップ シェークハンド
フォア面ラバー 裏ソフト
バック面ラバー 表ソフト
戦型 カット主戦型
■テンプレート ■プロジェクト:卓球 ■選手一覧

日本国内の選手で、全盛期の小山ちれに勝つことのできた数少ない選手である。

主な戦績

外部リンク