羽矢 謙一(はや けんいち、1929年 - )は、日本の英文学者明治大学名誉教授

略歴 編集

熊本市生まれ。東京大学英文科卒。同大学院を経て、青山学院大学助教授、明治大学文学部教授、2000年に定年し名誉教授。 

D・H・ロレンスを専門とし、伊藤整が裁判で敗訴し、削除版のままになっていた『チャタレイ夫人の恋人』の完訳を1973年に刊行した。

著書 編集

翻訳 編集

  • 『愛と生の倫理』(D.H.ロレンス、南雲堂、双書・不安の時代) 1957、改訂1985
  • 『D.H.ロレンス文学論集』(パトリア) 1958
  • 『現代人の愛について ロレンスの言葉』(社会思想社現代教養文庫) 1966
  • 『ディラン・トマス全詩集』(田中清太郎共訳、国文社) 1967
  • 『鳥とけものと花』(虎岩正純共訳、国文社、D.H.ロレンス詩集4) 1969
  • 『チャタレイ夫人の恋人』(ロレンス、講談社文庫) 1973、講談社世界文学全集」1975。のちグーテンベルク21
  • 『ディラン・トマス全集 1 詩』(田中清太郎共訳、国文社) 1975
  • 『ロレンス短篇集』(八潮出版社、イギリスの文学) 1976
  • 『また来る春に会えるなら』(クリスティーナ・ロセッティサンリオ) 1981.12
  • 『リベカの娘たち 映画のためのスクリプト』(ディラン・トマス、晶文社) 1985.8

脚注 編集


参考 編集

  • 『チャタレイ夫人の恋人』訳者紹介