メインメニューを開く

翁邦雄

翁 邦雄(おきな くにお、1951年 - )は、日本中央銀行家、経済学者日本銀行企画局参事日本銀行金融研究所所長を歴任。現在は法政大学大学院政策創造研究科客員教授[1]

翁 邦雄
研究機関 (機関)法政大学
研究分野 金融政策
母校 東京大学学士シカゴ大学Ph.D
論敵 岩田規久男
テンプレートを表示

父は厚生事務次官大平内閣鈴木内閣内閣官房副長官を務めた翁久次郎。妻はエコノミストで株式会社日本総合研究所理事長の翁百合

目次

人物編集

東京都出身。東京大学経済学部を卒業後、日本銀行へ入行。日銀内部における金融研究の第一人者として長らく活躍し、日銀エコノミストとして学界では有名な存在であった。特に、「日銀理論」と称されるものについて、その精緻化を進めたことは特筆すべき事項である。1990年代以降の経済学者達との政策論争においては、必ず矢面に立って、日本銀行を理論面で防御。更には実務家としての強みを活かして、現実論からの反転攻勢を仕掛けた。中でも、岩田規久男との間に繰り広げられた「マネーサプライ論争(翁-岩田論争[2]/岩田-翁論争[3])」は熾烈を極め、植田和男の仲裁が入るまで、互いに知恵の限りを尽くした。

経歴編集

著書編集

単著編集

共著編集

  • 『金融・入門』(JICC出版局 1991年)
  • 『ゼミナール 国際金融』(東洋経済新報社 1993年)
  • 『金融政策の論点』(東洋経済新報社 2000年)
  • 『ゼロ金利と日本経済』(日本経済新聞社 2000年)

共編著編集

  • 『ポスト・バブルの金融政策』(ダイヤモンド社 2001年)
  • 『バブルと金融政策』(日本経済新聞社 2001年)

脚注編集

外部リンク編集