翼に賭ける命』(つばさにかけるいのち、The Tarnished Angels)は1957年アメリカ合衆国恋愛映画。監督はダグラス・サーク、出演はロック・ハドソンロバート・スタックドロシー・マローンなど。ウィリアム・フォークナー1935年長編小説標識塔英語版』を原作としている。

翼に賭ける命
The Tarnished Angels
The Tarnished Angels (1958) trailer 2.jpg
ロバート・スタック(左)とドロシー・マローン
監督 ダグラス・サーク
脚本 ジョージ・ザッカーマン英語版
原作 ウィリアム・フォークナー
標識塔英語版
製作 アルバート・ザグスミス英語版
出演者 ロック・ハドソン
ロバート・スタック
ドロシー・マローン
音楽 フランク・スキナー
撮影 アーヴィング・グラスバーグ英語版
編集 ラッセル・F・ショーエンガース
製作会社 ユニバーサル・ピクチャーズ
配給 ユニバーサル・ピクチャーズ
公開 イギリスの旗 1957年11月21日
アメリカ合衆国の旗 1958年1月6日
日本の旗 1958年3月12日
上映時間 91分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
テンプレートを表示

ストーリー編集

1930年代の大恐慌時代。新聞記者のバーク(ロック・ハドソン)は取材で訪れた曲芸飛行ショーで第一次世界大戦の英雄である「撃墜王」ロジャー・シューマン(ロバート・スタック)とその一家と出会う。

ロジャーは空を飛ぶことに取り憑かれ、そのために家族を犠牲にしている男だが、曲芸ジャンパー(スカイダイバー)でもあるロジャーの美しい妻ラヴァーン(ドロシー・マローン)はそんな夫を深く愛しながらも複雑な感情を抱いている。ロジャーの親友であり、相棒でもある整備士ジッグス(ジャック・カーソン)は、そんなラヴァーンを一途に愛し続けている。一方、ロジャーとラヴァーンの幼い息子ジャックは旅暮らしの孤独の中で、周りから「本当の父親はロジャーなのかジッグスなのか」とからかわれている。

複雑な関係にある彼らを自分のアパートの部屋に泊まらせることにしたバークは、ラヴァーンと語り合う中で彼女に惹かれて行く。

キャスト編集

作品の評価編集

Rotten Tomatoesによれば、11件の評論の全てが高評価で、平均点は10点満点中8.75点となっている[1]

備考編集

前年1956年の映画『風と共に散る』とほぼ同じスタッフ・キャストである。

出典編集

  1. ^ The Tarnished Angels (1958)” (英語). Rotten Tomatoes. 2020年12月16日閲覧。

外部リンク編集