メインメニューを開く

耐火樹(たいかじゅ)は、森林火災の出火や延焼防止、都市部における飛び火、延焼防止のために植樹される耐火件の高い樹木。

概要編集

火気にも耐える樹種で、枝葉や樹幹が延焼しても、早期に萌芽し回復する樹木。セイヨウツゲサザンカクロガネモチシラカシマテバシイマサキタブノキ等、樹皮が厚く含水率の高い樹木が該当する。

耐火樹、または防火樹によって防火樹帯を構成し、主として森林火災の延焼を防止するための保安林として、防火保安林がある。

参考文献編集

  • 樹木の葉の水分特性と耐火性および震災後の樹木の生育評価 (<特集>生活からみた安心・安全) ランドスケープ研究 : 日本造園学会誌