耳食録』(じしょくろく)は清代の文言小説[1]集である。著者は樂鈞(らくきん、1766-1814年、1816年没とも。江西省臨川の人。最初の名を宮譜、のちに鈞と改名。字は元淑、号を蓮裳)

この作品は、『聊斎志異』の影響を受けて書かれた清代の志怪回帰的作品群の一つである。

概要編集

刊行年代としては、改名前の樂宮譜の署名がある自序に乾隆57年(1792年)と日付けされており、乾隆56年に脱稿したと述べられている。28歳の時の作品である。[2]。12巻112篇。

続編として『耳食録二編』があり、同じく樂宮譜署名の自序によれば乾隆59年(1794年)の日付が記されている。8巻86篇。

章節編集

日本語訳書編集

注・出典編集

  1. ^ 文言小説とは、代以後の中国小説史の上で、大きな比重を占めてはいなかったために、形態名が与えられていなかったこの分野に対し、前野直彬が仮に付けた呼称である。平凡社 中国古典文学大系 42 解説 p.503 。
  2. ^ 前野直彬 中国古典文学大系 42、解説 p.517-518 。

関連項目編集