秋燈叢話』(しゅうとうそうわ)は、中国代の王椷[1]撰の文言小説[2]集である。18巻644篇[3]

概要編集

撰述年は不明であるが、胡高望[4](中国語版) による序文があり、1777年乾隆42年)の日付がある。しかし1778年から1780年までの事件に言及した作品があり、それらが13巻以降に集中しているため、はじめ王椷は12巻の作品としてまとめ、胡高望の序文をもらってから刊行までの期間に撰述を続け、6巻を加えて18巻としたものが、1791年に巾箱本(縮刷本)が刊行されていることから、1781年から1790年までの10年の期間に刊行したものと推定される。したがって子不語より少し前に刊行されていることになり、そのため聊斎志異の影響が強いとされる[5]

日本語訳書編集

注・出典編集

  1. ^ おうかん、山東省福山の生まれ、生没年不詳、字を凝斎(ぎょうさい)という。
  2. ^ 文言小説とは、代以後の中国小説史の上で、大きな比重を占めてはいなかったために、形態名が与えられていなかったこの分野に対し、前野直彬が仮に付けた呼称である。平凡社 中国古典文学大系 42 解説 p.503 。
  3. ^ 国立国会図書館デジタルコレクションに1812年(嘉慶17年)刊の8冊本の影印が公開されている。秋燈叢話18卷
  4. ^ ここうぼう、1730-1798年。
  5. ^ 中国古典文学大系 42、解説 p.514-515 。

関連項目編集