メインメニューを開く

子不語』(しふご、別題『新齊諧』)は、中国代の文言小説[1]集。著者は袁枚(えんばい、1716年康熙55年) - 1797年嘉慶2年)、字を子才、号を簡斎、屋敷を隨園と名付け、隨園老人とも号した)。

概要編集

蒲松齢(ほしょうれい、1640-1715年)の『聊斎志異』の流行によって六朝時代の志怪小説復興は模倣者を生み活況を取り戻し始めたが、およそ80年後この動きに拍車をかけたのが袁枚と紀昀[2]であり、袁枚が晩年に著したのが『子不語』正編・続編である[3]

書名は論語の「子不語怪力乱神」(子、怪力乱神を語らず[4])に由来し、孔子が語らなかった怪異の話をあえて集めたとの意である。自序によれば袁枚は、の時代に同名の書があるのに気付き(こちらの「子不語」については今ではよくわからない)、荘子に基づいて[5]『新齊諧』と改めたが、元の書名のほうが一般に広く通用している。

『新齊諧』正編二十四巻は最終的に1788年乾隆53年)、袁枚73歳のときに刊行[6]された。[7]

袁枚はその後も怪異譚を書き続け、続編として『續新齊諧』八卷[8]1792年(乾隆57年)頃刊行[9]された。

日本語訳書編集

注・出典編集

  1. ^ 文言小説とは、代以後の中国小説史の上で、大きな比重を占めてはいなかったために、形態名が与えられていなかったこの分野に対し、前野直彬が仮に付けた呼称である。平凡社 中国古典文学大系 42 『閲微草堂筆記(抄) 子不語(抄) 他』 。解説 p.503 。
  2. ^ 紀昀(きいん、1724-1805年)は反聊斎の姿勢を鮮明にし『閲微草堂筆記』(えつびそうどうひっき)を著した。
  3. ^ 星野明彦(ホシノアキヒコ、慶應義塾女子高等学校教諭 1996現在) 《袁枚と『子不語』:小説家としての意識を中心に》 慶應義塾大学藝文学会 藝文研究 Vol.51, (1987. 7) ,p.69-89 博士論文、p.69-70 。
  4. ^ 述而第七之二十  ウィキソースには、論語 (Wikisource)/述而第七の原文があります。
  5. ^ 莊子 逍遙遊第一 北冥有魚の条 「齊諧者、志怪者也。」  ウィキソースには、莊子/逍遙遊の原文があります。
  6. ^ 原刊本『隨園二十八種本』(木版線裝本)。1892年(光緒18年)刊行の『隨園三十八種本』(排印本)には二十四巻710篇(開放文學目録)、中国語版ウィキソースは開放文學に依存と記すも745篇収録する。
  7. ^ 前野直彬 訳 『閲微草堂筆記(抄) 子不語(抄) 他』、平凡社〈中国古典文学大系〉42、1971年。巻末の解説 p.513-514 。
  8. ^ 中野清は、袁枚没後、弟子や遺族による編纂と思われる『隨園三十種本』では、最初8巻だったのが10巻になった経緯や収録作品数増加の事由等を推測しており興味深い。《袁枚『子不語』の増補》早稲田大学 中國詩文論叢,24,158-166 (2005-12-31)紀要論文
  9. ^ 1892年刊行の『隨園三十八種本』は『續新齊諧』十巻266篇(開放文學目録)、中国語版ウィキソースは開放文學に依存とするも277篇収録する。
  10. ^ 中野清「木下杢太郎]譯の『子不語』」 2016年 紀要論文
  11. ^ くろだまみこ、大阪生まれ。法政大学 文学部日本文学科 教授。
  12. ^ ふくだもとこ。聖学院大学 非常勤講師。
  13. ^ てしろぎこうすけ、1931年生- 。

関連項目編集