メインメニューを開く

述異記』(じゅついき)は、の東軒主人[1]が撰したとされる文言小説[2]集。3巻。

概要編集

東軒主人に関しては素性経歴が不明であるが、『述異記』中に江蘇省松江附近の記事が多いため、そのあたりが郷里だったのではないかとも推測されている。1701年に書かれた東軒主人の自序があり、『聊斎志異』の完成が1689年とされるので、そのいくらか後、あるいはほとんど同時代の作と見られている。本書の刊本は、1702年?以降に呉震方が刊行した叢書『説鈴』に収録され伝わっている[3]

日本語訳書編集

参考図書編集

注・出典編集

  1. ^ とうけんしゅじん、姓名、生没年等不明。
  2. ^ 文言小説とは、代以後の中国小説史の上で、大きな比重を占めてはいなかったために、形態名が与えられていなかったこの分野に対し、前野直彬が仮に付けた呼称である。平凡社 中国古典文学大系 42 解説 p.503 。
  3. ^ 中国古典文学大系 42 解説 p.514 。

関連項目編集