メインメニューを開く

能美根上スマートインターチェンジ

日本の石川県能美市にある北陸自動車道のインターチェンジ

能美根上スマートインターチェンジ(のみねあがりスマートインターチェンジ)は、石川県能美市吉原釜屋町にある北陸自動車道スマートインターチェンジである。

能美根上スマートインターチェンジ
Nomi Neagari SIC.jpg
能美根上スマートインターチェンジ(外観)
所属路線 E8 北陸自動車道
IC番号 14-1
本線標識の表記 能美根上
起点からの距離 155.4 km(米原JCT起点)
小松IC (6.1 km)
(4.9 km) 美川IC
接続する一般道 市道木曽街道線[1]
供用開始日 2018年3月25日
スマートIC 24時間
所在地 929-0121
石川県能美市吉原釜屋町
備考 国土開発幹線自動車道の起点は新潟中央JCT
テンプレートを表示

概要編集

 
本線からの出口ゲート

石川県内のスマートインターチェンジでは初めてとなる本線直結型[2](トランペット型)であり、利用可能車種はETC搭載の全車種で24時間運用。上下線ともに出入可となっている[3]。総事業費は29億2千万円[4]で、想定される1日あたりの利用台数は1,450台となっている[4]

能美市はインター開通に合わせ、インター近くの吉原釜屋町地内に吉原釜屋産業団地を整備[5]2019年4月にアイ・オー・データ機器が団地内に「能美物流センター」を開設した[6]。また、2021年にはスーパーホテルがインター近くにホテルを開業する予定となっている[7]

道路編集

接続する道路編集

  • 市道木曽街道線[1]

沿革編集

周辺編集

編集

E8 北陸自動車道
(14)小松IC - (14-1)能美根上スマートIC - (15)美川IC

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b “北陸道の能美根上スマートIC、2018年3月開通”. 乗りものニュース. (2018年1月5日). https://trafficnews.jp/post/79355 2018年9月17日閲覧。 
  2. ^ a b “E8 北陸道 能美根上スマートインターチェンジが 2018年3月25日(日)15時に開通します。” (プレスリリース), 能美市・中日本高速道路, (2017年12月27日), https://www.c-nexco.co.jp/corporate/pressroom/news_release/4217.html 2019年8月25日閲覧。 
  3. ^ a b スマートインターチェンジの概要と運用形態”. 能美市 (2017年3月2日). 2017年12月3日閲覧。
  4. ^ a b “北陸道の物流・通勤、便利に 石川・能美にスマートIC”. 日本経済新聞. (2018年3月26日). https://www.nikkei.com/article/DGXMZO28602430W8A320C1LB0000/ 2019年6月3日閲覧。 
  5. ^ 石川県能美市企業立地ガイド 吉原釜屋産業団地 - 能美市
  6. ^ “アイ・オー・データ、能美市に物流拠点”. 日刊工業新聞. (2019年3月20日). https://estate.nikkan.co.jp/news/2019/03/zul1rbqg3zstugiq 2019年8月25日閲覧。 
  7. ^ “スーパーホテル、能美市に進出 企業集積地に、ビジネス客に的”. 日本経済新聞. (2019年2月22日). https://www.nikkei.com/article/DGXMZO41632100S9A220C1LB0000/ 2019年8月25日閲覧。 
  8. ^ 北陸自動車道 (仮称)能美根上スマートインターチェンジ 連結許可書の伝達式を開催します (PDF)”. 国土交通省北陸地方整備局 金沢河川国道事務所・能美市 (2013年6月11日). 2017年12月3日閲覧。
  9. ^ 平成28年6月5日 起工式 (PDF)”. 能美市. 2017年12月3日閲覧。
  10. ^ 北陸自動車道(仮称)能美根上スマートインターチェンジの名称が決定しました (PDF)”. 能美市 (2017年1月23日). 2017年12月3日閲覧。

関連項目編集

外部リンク編集