脇坂 安総(わきざか やすふさ)は、江戸時代前期の旗本

 
脇坂安総
時代 江戸時代前期
生誕 不明
死没 延宝5年10月27日1677年11月22日
改名 安方(初名)→安総
別名 通称:六右衛門、主馬助
戒名 守芳
墓所 東京都港区高輪東禅寺
幕府 江戸幕府 旗本
主君 徳川家綱
氏族 脇坂氏
父母 父:脇坂安治、母:側室
兄弟 安忠安元安信、安重、安経安総安成清水谷実任室、脇坂一盛室、
脇坂一長室、田中安義室、脇坂安盛室、脇坂景直室、座光寺某室
正室:下津屋宗雄
安通
テンプレートを表示

略歴編集

大洲藩初代藩主・脇坂安治の六男として誕生。

慶安3年(1650年)9月3日、3代将軍・徳川家光に拝謁すると同時に徳川家綱に附属し、江戸城西の丸の御小姓組に列する。承応元年(1652年)12月18日、廩米300俵を賜るが、承応3年(1655年)甥・安政が家督を相続した際、上総国長柄郡2,000石を分知され廩米は収公となる。 明暦3年(1657年)、讃岐国丸亀藩3代藩主・山崎治頼の夭逝による改易の際、受取りのため城地に赴く。のちに小普請となる。

延宝5年(1677年)、死去。

出典編集