自切(じせつ)は、節足動物トカゲなどに見られる、足や尾を自ら切り捨てる行動(ないし反応)。

自切されたイシガキトカゲのしっぽ
尾の先端を失ったサキシマカナヘビ

なぜ自ら体の器官を切り捨てるかは状況やタクソンにより異なると思われるが、主に外敵から身を守るために行われる例が多い。すなわち外敵に捕捉された際に肢や尾等の生命活動において主要ではない器官を切り離すことで逃避できる可能性を作り、個体そのものが捕食される確率を下げるための適応であると考えられている。そのため自切する器官はあらかじめ切り離しやすい構造になっていたり、喪失した器官を再生させる等の機能を持つ種が多い。

脊椎動物の自切編集

トカゲ類の自切編集

身近な例ではニホントカゲニホンカナヘビ等が自切を行う。自切した尾は、しばらく動き回ることで外敵の注意を引きその隙に逃げることができる。切断面は筋肉が収縮し出血も抑えられる。再生した尾(再生尾)は外観から見ても体色が異なっていたり、元の尾よりも長さが短くなることが多い。また再生尾は中に骨はなく、代わりに軟骨により支えられている。これら自切を行うトカゲ類の尾は、脊椎に自切面という節目があり切れやすい構造になっている。そのため人為的に尾を切断しても、同様の反応は見られない。

自然界では自切により外敵から逃避できる可能性もあるが、尾に栄養分を貯めることの多いトカゲ類は飼育下ではメンテナンス中の不注意や物に尾が挟まった際等に自切し結果として体調を崩してしまうことも多い。トカゲ類全てが自切を行うわけではなく、また同じ科でも自切後に再生尾が生えない種もいる。

魚類の自切編集

深海魚のリュウグウノツカイは体長の中程から自切する事で知られる。天敵に襲われた際に逃げる目的が主であるが、食糧難の際の生命維持に体を減少させるため、との説もある。再生はできない。

無脊椎動物の自切編集

  • 節足動物では、昆虫類クモ類・多足類甲殻類などでは)を自切するものが多い。これらの仲間では、体の成長には脱皮が必要なので、何回かの脱皮によって再生する。脱皮回数が制限されている動物の場合、完全には再生できない場合もある。また、成虫が脱皮しないもので、成虫が自切した場合では、当然ながら再生できない。カニ[1]などの魚介類に含まれる節足動物では、自切することで経済価値が大きく変動してしまうものもいる。
  • 環形動物では、ミミズゴカイに簡単に体が切れるものがある。ミミズの場合、後体部から前半身が再生しないものが自切とみなされるが、ミズミミズ科の一部のように、連鎖体が分裂して増殖するものは自切とは言わない。同じ環形動物でも、ヒルはまず体が切れない。ユムシ類には、を自切するものがある。
陸生種では、石垣島西表島に生息するカタツムリの一種イッシキマイマイが、天敵イワサキセダカヘビから逃れるために尾(腹足の後端部分)を切断することが知られている[5]。実験でイワサキセダカヘビにイッシキマイマイを与えたところ、45%の個体が自切によりイワサキセダカヘビの捕食から逃れたとされる[6]。自切を行うカタツムリは確認されている限りイッシキマイマイのみで、他のカタツムリで実験を行ったところ捕食されてしまった[7]。また自切によって自分を守る行動は子供のイッシキマイマイに多く見られたという[8]
二枚貝ではマテガイ科などが水管を簡単に自切して穴深く逃げ込むが、水管には最初から切れ目となる横筋が見られる。頭足類では、通常の自切とは異なるが、アミダコなどタコの一部に交接の際にオス交接腕の先端が自切してメスの体内に残存し、のような役割を持つものがある。

比喩表現編集

世間で言う『トカゲのしっぽ切り』というのは、動物のこのような行動に準えて、大きな組織が、特に何らかの後ろ暗いことがあった場合に、組織全体としての危機から逃れるために、適当な地位の誰かを世間に差し出して批判の的とし、あるいは罪状をかぶせることによって、それと引き換えに組織本体は安泰を図ろうとすることを指す。

出典編集

  1. ^ 国立国会図書館. “カニの自切と再生について、詳しい仕組みや様子が知りたい” (日本語). レファレンス協同データベース. 2022年3月28日閲覧。
  2. ^ 濱谷巌(I. Hamatani) (30 Jan 2017). 裸側目 Order Nudipleura (p.403-427 [pls.359-383], 1068-1085) in 奥谷喬司(編著)『日本近海産貝類図鑑 第二版』. 東海大学出版部. pp. 1375. ISBN 978-4486019848 
  3. ^ Sayaka Mitoh; Yoichi Yusa (2021-03-08). “Extreme autotomy and whole-body regeneration in photosynthetic sea slugs”. Current Biology 31 (5): R233-R234. doi:10.1016/j.cub.2021.01.014. 
  4. ^ ウミウシの仲間、首元で自ら体切り落とし再生…女子大院生ら発見し米科学誌に論文”. 読売新聞iオンライン (2021-04014). 2022年1月9日閲覧。
  5. ^ Hoso, M. (2012-10-03). “Cost of autotomy drives ontogenetic switching of anti-predator mechanisms under developmental constraints in a land snail”. Proceedings of the Royal Society B: Biological Sciences 279 (1748): 4811-4816. doi:10.1098/rspb.2012.1943. PMID 23034702. ; (著者による解説/細 将貴website
  6. ^ カタツムリもしっぽ切った 天敵ヘビに襲われ 八重山諸島、世界初確認 MSN産経ニュース 2012年10月3日
  7. ^ しっぽを切ってヘビから逃げるカタツムリ、沖縄で世界で初めて確認 AFPBB News 2012年10月4日
  8. ^ カタツムリもしっぽ切り 八重山固有種で防御行動を発見 東京新聞 2012年10月3日

関連項目編集