メインメニューを開く

ヘトゥアラ赫図阿拉、黒禿阿喇、黒図阿拉、ᡥᡝᡨᡠ
ᠠᠯᠠ
、転写:hetu ala)は、女真族の実力者で後金の創始者ヌルハチが出生し、本拠とした町。満州語で「横の岡」を意味する。現在の中華人民共和国遼寧省撫順市新賓満族自治県の西の永陵鎮老城村にあたる。

この地で生まれ建州女直を支配するに至ったヌルハチは、1616年天命元年、万暦四十四年)、ヘトゥアラ(hetu alai hecen、ヘトゥアラ城)で明からの独立と「アイシン国」(aisin gurun、金国、一般には後金と呼ばれる)の建国、ハンへの即位を宣言し、その都を長年自分の居城であったヘトゥアラに定めた。ヌルハチは1622年に都を遼陽に移し、さらに1625年には瀋陽へ遷都し盛京(満州語:abkai gosiha mukden、天の愛するムクデン)と改名した。

1636年崇徳元年、明の崇禎九年)、ホンタイジは国号をに改め、旧都ヘトゥアラも興京(満洲語:abkai gosiha yenden、天の愛するイェンデン)と改名した。

関連項目編集