メインメニューを開く

舟橋 和郎(ふなはし かずお、1919年7月2日 - 2006年1月15日)は、日本の脚本家。兄は小説家舟橋聖一

東京府出身。1939年東京高等学校 (旧制)在学中、治安維持法違反で検挙される[1]。1943年、明治大学文学部文芸科を卒業。菊池寛の秘書を経て、1944年大映企画部に入社する。1946年、『彼と彼女は行く』を発表して脚本家に転じ、のちフリーとなる。代表作は『きけ、わだつみの声』、『雁の寺』、『兵隊やくざ』シリーズ、『与太郎戦記』シリーズなど。

目次

主な作品編集

映画編集

著書編集

  • 『兄・舟橋聖一の素顔』近代文芸社 1982
  • 『シナリオ作法四十八章』映人社 1985
  • 『回想の日本映画黄金期』清水書院 1996

脚注編集

  1. ^ 舟橋和郎『兄・舟橋聖一の素顔』257ページ