船戸陽子

日本の将棋棋士

船戸 陽子(ふなと ようこ、1974年4月23日 - )は、日本女子プロ将棋協会(LPSA)に所属する女流棋士である。また、ソムリエの資格も持つ。高柳敏夫門下。亜細亜大学出身。LPSA番号18。

 船戸 陽子 女流三段
名前 船戸 陽子
生年月日 (1974-04-23) 1974年4月23日(47歳)
プロ入り年月日 1988年3月17日(13歳)
LPSA番号 18
出身地 日本の旗 東京都渋谷区
所属 日本女子プロ将棋協会
師匠 高柳敏夫
段位 女流三段
プロフィール LPSA所属女流棋士
2021年1月21日現在
テンプレートを表示

来歴

1974年生まれ、東京都渋谷区出身。

1986年女流育成会に入会し、1988年に3級で女流棋士となった。1990年に1級、1991年に女流初段、2000年に女流二段となった。

2008年6月30日付で日本将棋連盟を退会し、2008年7月1日より日本女子プロ将棋協会(LPSA)に入会した。日本女子プロ将棋協会設立当初ではなく、その後に移籍した初の例である。

2021年1月21日、第43期女流王将戦予選2回戦で鈴木環那に勝ち、女流二段昇段後90勝となったため女流三段に昇段した[1]

人物

父の影響で将棋を始める。趣味は旅行、写真。パソコン操作などに明るく、日本将棋連盟所属時の女流棋士会のイベントパンフレットの多くは船戸によるデザインだった。

日本ソムリエ協会認定ソムリエの資格を持っている。日本ソムリエ協会のソムリエ資格受験には飲食店での数年間の実務経験が必要なため、当時は昼は女流棋士、夜は飲食店勤務を掛け持ちする生活が続いた[2]。また他にもカラーコーディネーターフラワーデザイナーの資格を持っている[2]

2011年に結婚した際には、将棋になぞらえ「私は四枚穴熊に自陣にまで引きつけていたにもかかわらず、彼の原始棒銀に寄せ切られてしまいました」とのコメントを発表した[3]

昇段履歴

棋歴等

優勝:第14回・第19回(2008年)、第26回(2009年)、第37回(2010年)、第49回・第50回(2012年)
2012年10月、優勝経験者のみ出場の第50回1dayトーナメントで優勝し、初代グランドチャンピオン。

脚注

[脚注の使い方]
  1. ^ “船戸陽子女流二段が女流三段に昇段” (プレスリリース), LPSA, (2021年1月22日), https://joshi-shogi.com/16303/ 2021年1月22日閲覧。 
  2. ^ a b ソムリエ、女流棋士 船戸陽子さん 前編”. ロズリンの部屋. サンギ (2010年11月25日). 2021年1月22日閲覧。
  3. ^ “所属女流棋士 入籍のご報告” (プレスリリース), LPSA, (2011年8月18日), オリジナルの2017年10月21日時点におけるアーカイブ。, https://web.archive.org/web/20171021182402/http://joshi-shogi.com/lpsa/news/news_110818.html 2021年1月22日閲覧。 

関連項目

外部リンク