メインメニューを開く

艦対艦ミサイル(かんたいかんミサイル、英語: ship-to-ship missile, SSM)は、艦船から発射され、艦船を目標にされる対艦ミサイルのこと。

比較的低速の艦船を目標にし、また、敵艦対空ミサイルの射程外から発射できるよう射程が長いことが望ましいため、ジェットエンジンが使われることがある。遠距離ゆえに水平線下となる目標を攻撃することも考慮し、発射後は母艦からの誘導が必要無いアクティブ・レーダー・ホーミング赤外線ホーミングなどの誘導方式が使われる。

主な艦対艦ミサイル編集

脚注編集

  1. ^ 現在は対艦用には使われていない。
  2. ^ クウェート海軍ウム・アル・マラディム級が搭載。

参考文献編集

  • Friedman, Norman (2016). “Technological review - Shipboard antiship missiles”. Seaforth World Naval Review 2017. Pen and Sword Books. ISBN 978-1473892781.