メインメニューを開く

色部氏(いろべし)は、桓武平氏秩父氏の流れを汲む日本氏族江戸時代における家格は侍組分領家。

目次

概要編集

越後国岩船郡平林城新潟県村上市)に本拠を置き、本庄氏と共に越後秩父氏を形成した。

元々は越後小泉庄色部条(現在の村上市牧目の一部)の地頭だったが、南北朝時代北朝方として南朝方で平林城平林氏を攻め滅ぼし、そのままそこを居城とした。その後も色部高長加地氏と共に南朝方の小国氏池氏河内氏風間氏於木氏千屋氏高梨氏らと戦っている。

戦国時代には上杉氏を補佐し、色部勝長上杉謙信から血染めの感状を貰っている。

上杉景勝会津転封、のち米沢転封に従い江戸時代には米沢藩家老を務めたが、戊辰戦争の際、敗戦の責を負わされ断絶。のちに再興を許された。

一族編集

系図編集

江戸時代については米沢藩#分領家(14戸)を参照。

系図編集

秩父季長
┣━━━━┓
色部為長 小泉行長
┃    ┃
公長   本庄定長
┣━━━┳━━━━┳━━━━┓
忠長 清長 宿田長茂 牛屋氏長長信長綱長倫長忠朝長氏長重長昌長憲長勝長
┣━━━┓
顕長  長実
    ┃   
    光長
    ┃   
    清長
    ┃   
    安長(色部又四郎、赤穂事件)
    ┃
   (数代略)
    ┃   
    久長(色部長門、戊辰戦争

参考文献編集