花のみち

兵庫県宝塚市の道路
Hana-no-michi01s3200.jpg

花のみち(はなのみち)は、兵庫県宝塚市の道路である。

阪急宝塚駅から宝塚大劇場を結ぶ段葛型道路[1]で、1924年の宝塚大劇場開場により造成された。宝塚歌劇へ続く花道の意味がある。

をはじめ四季の花々や植物が植えられている。並行したショッピング街、花のみち1番館・2番館は花のみちセルカとして、2000年の改修時にオープンした。

また、これにちなんで2014年から阪神競馬場宝塚記念当日に行われる中央競馬の特別競走「花のみちステークス」(2014年は「花のみち特別」)のモチーフになっている。このとき演奏されるファンファーレは通常の特別競走用のものではなく、『すみれの花咲く頃』をアレンジした独自のものが使用されている[2]

昭和62年度手づくり郷土賞(ふれあいの並木道部門)受賞[1]

周囲の名所編集

脚注編集

  1. ^ 武庫川左岸の自然堤防を利用している。
  2. ^ 『神戸新聞』 2014年6月16日 朝刊阪神版27面

外部リンク編集