花泉遺跡(はないずみいせき)は、岩手県一関市花泉町金森に所在する後期旧石器時代の遺跡で、金森遺跡ともいう。

概要編集

花泉遺跡は金流川南岸の段丘上に位置し、厚さ2.5メートルほどの粘土・泥炭・砂層からなる化石床からヤギュウオーロックス(原牛)、野牛の一種ハナイズミモリウシ[1]ヘラジカオオツノジカ、ナツメジカ、ナウマンゾウなどの化石骨が多量に出土している[2][3]。 これらの動物群は、マンモス動物群が一時的な氷の橋を渡って北海道に入り、本州へ南下してきたものと考えられている。 この遺跡からは、ほかにニホンジカイノシシ、アナグマ、ノウサギなどの中・小型の哺乳動物も発見されている。 これらの獣骨に混じって少量ながら野牛の肋骨の先端部に研磨をほどこした骨製尖頭器が発見されている。

また、植物化石(イラモミ・トウヒエゾマツアカエゾマツグイマツチョウセンゴヨウ)も多量に出土している。

放射性炭素年代測定法により3.5~1.6万年前と測定されている。 約2万年前の自然環境(寒冷な植物の森林が広がっており、亜寒帯の針葉樹林気候であった。当時の気温は現在より摂氏6、7度ほど低かったと推定される。)を具体的に復元できる遺跡として有名である。

移動生活編集

この遺跡は、旧石器時代人が狩猟した大型の哺乳動物を解体した場、いわゆるキル・サイトであったと考えられている。 そして、大型のほ乳動物は、季節によって大きく移動を繰り返すことから、旧石器人も定住することなく居住地を転々と移動させながら生活を送っていたのではないだろうか。そのことは、旧石器時代の遺跡が列島内で5000箇所以上発見されているにかかわらず、竪穴住居の痕跡を残している遺跡が、ほとんど発見されていないことからも想像できる。そのことから、旧石器時代の人々は、列島での大型の哺乳動物が絶滅する更新世末まで、獲物を追ってキャンプ地を転々と移動する生活を繰り返していたと想定できる。

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ プリスクス野牛ともいう。ステップバイソン参照
  2. ^ ヘラジカ、野牛の一種ハナイズミモリウシ(体長1.5~3メートル)、ナウマンゾウ、オオツノシカ(体長2~3メートル)などのように更新世を最後に絶滅してしまった大型の哺乳動物の化石が多数発見された
  3. ^ 黒沢弥悦、モノが語る牛と人間の文化 ②岩手の牛たち、pp.29-31、LIAJ News No.109、奥州市牛の博物館

参考文献編集

  • 『日本史講座 第1巻 東アジアにおける国家の形成』歴史学研究会・日本史研究会編 東京大学出版会 2004年5月 ISBN 4-13-025101-5

関連項目編集