苗代村

日本の石川県能美郡にあった村

苗代村(のしろむら)は、石川県能美郡に存在した

のしろむら
苗代村
廃止日 1940年12月1日
廃止理由 新設合併
苗代村小松町安宅町牧村板津村白江村御幸村粟津村 → 小松市
現在の自治体 小松市
廃止時点のデータ
日本の旗 日本
地方 中部地方北陸地方
都道府県 石川県
能美郡
市町村コード なし(導入前に廃止)
総人口 6,318
(1940年)
隣接自治体 石川県:能美郡小松町牧村御幸村粟津村大杉谷村金野村白江村
苗代村役場
所在地 石川県能美郡苗代村北浅井
座標 北緯36度23分12秒 東経136度27分12秒 / 北緯36.38661度 東経136.45325度 / 36.38661; 136.45325座標: 北緯36度23分12秒 東経136度27分12秒 / 北緯36.38661度 東経136.45325度 / 36.38661; 136.45325
ウィキプロジェクト
テンプレートを表示

戦国時代に『野代荘』の荘園名、江戸時代に『苗代郷』の郷名が当地に存在し、当村名もこれによる。

地理編集

  • 現在の小松市においては、中心市街地(旧・小松町)の南側に隣接する所に位置した。
  • 村内は平坦な地形が多く、東側は丘陵地に掛かる。加賀三湖のうち、木場潟と今江潟に面した。
  • 当時の主な産物は、野菜絹織物陶磁器製品など。「小松表」の生産中心地でもあり、イグサ製品や、むしろなどの生産も多かった。

歴史編集

交通編集

※当村廃止時点でのもの

鉄道編集

関連項目編集