縦糸に青色、横糸にピンク色の絹糸を使ったショットシルク英語版(玉虫織)

絹織物(きぬおりもの)は、で織った織物。しなやかで強く美しい光沢があるため、繊維の中でも最も珍重されてきた。丈夫であることから、銃弾を防ぐ用途にも使われた。

目次

歴史編集

絹織物は、中国で創出されたもので、絹を生産している形跡が新石器時代遺跡から何度も発見されている[1][2]刺繍が施されるようになった最も早期の事例は、中国戦国時代(紀元前3世紀~5世紀)の墓から発見されたものである。

中国の時代になると高価な貴重品としてシルクロードの主要な交易品目とされた。その製法は長い間秘密とされ、を中国の国外に持ち出したものは死刑に処せられたとされる[3][2]。14世紀になると絹織物刺繍が最盛期となり、蘇州の宋錦、南京の云錦、四川省の蜀錦などの刺繍デザインが発展した。

防御力編集

絹織物は丈夫であることから、日本では古代(絹製か不明だが870年ごろ)から母衣と呼ばれる矢を防ぐ装備が身につけられた[4][5]モンゴル帝国西夏との1207年の最初の戦い後、矢が体に刺さらないよう絹製のシャツを着用していた[6][7]

1881年、トゥームストーンの医師ジョージ・グッドフェローは、ルーク・ショートによって2回銃撃された賭博ブローカーを診察した際、絹製のハンカチによって銃弾が貫通しなかったことに気が付き[8][9]、1887年に銃弾に対する絹織物の防弾性について記事を書いた[10]

1901年に作られた絹織物を何層にも重ねたベストは、スペイン王アルフォンソ13世を銃弾から救っている。また、1900年までギャングは防御用に800ドルのシルク製ベストを着こんでいた[11]

注意点編集

  • 光沢はセリシンによるため、セリシンを完全に落として着色した際の光沢は化学染料のもつ発色性による。現在の絹織物のほとんどはこれである。セリシンが石油系の溶剤と相性が悪く、通常の精練はセリシンを完全に落とす。逆にセリシンと親和性が高いのが、植物から抽出した色素である。
  • の種類によって、吐く糸の太さ細さやなめらかさ、吐き出す糸の太さの連続性は異なるので、蚕の品種によって、上記の特性値は大きく異なる。
  • 細い糸で織られた織物ほど軽く、艶も出るので珍重される。ただし、織る際に切れやすいという製造技術上の問題を持つ。
  • 麻、木綿、化学繊維に比して、染めた際の発色性は、染料の種類を問わず最も高い。

主な絹織物編集

日本伝統の絹織物編集

中国編集

  • 綸子
  • 四川省の蜀錦(別名:蜀江錦)、杭州・蘇州の宋錦、南京の雲錦は「中国3大名錦」と呼ばれる[12]。また、チワン族の壮錦も加え中国の「四大名錦」とされることもある[13]

海外編集

種類分類について編集

金襴(きんらん)
絹織物などの地組織に金切箔または金銀糸などで紋様を織り出した美麗豪華な織物。中国では「織金」と呼ばれる。中国から日本のに伝わり、後に西陣織に発展した[14]ブロケード (織物)英語版なども含む

絹織物の博物館編集

中国
海外

出典編集

  1. ^ 学術月報, 第 407~411 巻 文部省大学学術局, 1979 367ページ
  2. ^ a b c 浙江省004杭州旧城と開発区 ~マルコポーロのたたえた「美麗都市」著者: 「アジア城市(まち)案内」制作委員会
  3. ^ 世界大百科事典 第2版 きぬおりもの【絹織物】コトバンク
  4. ^ 大判ビジュアル図解 大迫力!写真と絵でわかる日本の合戦 82p
  5. ^ 日本三代実録
  6. ^ Wounds and Wound Repair in Medieval Culture 178 ページ
  7. ^ Subotai the Valiant: Genghis Khan's Greatest General 32 ページ
  8. ^ Erwin, Richard E. (1993). The Truth about Wyatt Earp (2nd ed.). Carpinteria, CA: O.K. Press. ISBN 9780963393029. 
  9. ^ Edwards, Josh (1980年5月2日). “George Goodfellow's Medical Treatment of Stomach Wounds Became Legendary”. The Prescott Courier. pp. 3–5. https://news.google.com/newspapers?nid=886&dat=19800502&id=jH8vAAAAIBAJ&sjid=vkwDAAAAIBAJ&pg=4536,249915 
  10. ^ Dr. George Goodfellow”. 2014年12月20日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年3月8日閲覧。
  11. ^ Hollington, Kris (2008). Wolves, Jackals, and Foxes: The Assassins Who Changed History. St. Martin's Press. ISBN 9781429986809. https://books.google.com/books?id=I8LHU4f_hkQC&pg=PA108. 
  12. ^ 中国3大名錦・南京雲錦博物館がリニューアル(フォーカス・アジア)
  13. ^ 錦織国立民族学博物館
  14. ^ 金襴(きんらん)(コトバンク)
  15. ^ 成都「蜀錦刺繍博物館」 無形文化財の織物技術人民網日本語版)

関連項目編集