メインメニューを開く

若林 和弘(わかばやし かずひろ、1964年昭和39年〉12月20日 - )は、日本のアニメーション音響監督東京都出身。本名は林 和弘(はやし かずひろ)。

来歴・人物編集

17歳の時にニュージャパンフィルムスタジオで働いていた際に当時『うる星やつら』の音響監督だった斯波重治と出合い、数年後斯波から仕事に誘われたことが音響の道に進むきっかけであった。

音響監督としての初作品は1990年の永野あかねの漫画『猫でごめん!』のイメージ・アルバムである。その後、テクノサウンドオムニバスプロモーションを経てフリーになった後、2004年5月7日に有限会社フォニシアを設立。2013年春には同社を解散し、屋久島へ転居[1]。以後はフリーとして活動を続ける。

宮崎駿押井守などの大作劇場アニメーションの音響監督をすることが多かった。スタジオジブリ作品参加時では本名の林 和弘名義を使う。「若林」の由来はかつて現場に同じの姓で年長のスタッフがいた為、若い方の林若林と呼ばれるようになったことから。

音響制作では、近年スケジュールの関係から画面に色がつくことの少ないダビング作業において、オールカラーでの作業を制作スタッフに希望する傾向がある。未完成の映像に音をつけた場合、 動きと動きを繋ぐ動画が入っていないので、完成品は音がズレてしまうことが多い。映像に違和感のない整合性をもたせた音を付けるために、オールカラーでの希望を出している[2]

作品リスト編集

※ 特記のない限り全て音響監督としての参加

テレビアニメ編集

1989年

1991年

1992年

1994年

1995年

1996年

1997年

1998年

2000年

2002年

2003年

2004年

2005年

2006年

2007年

2008年

2009年

2010年

2011年

2012年

2013年

2014年

2015年

2016年

2018年

2019年

  • モブサイコ100 II

OVA編集

1989年

1990年

1991年

1993年

1994年

1996年

1997年

1998年

2003年

2009年

2010年

2011年

2012年

劇場アニメ編集

1989年

1990年

1991年

1995年

1997年

1999年

2001年

2002年

2004年

2005年

2006年

2007年

2008年

2009年

2010年

2011年

2012年

2013年

2017年

2018年

Webアニメ編集

2005年

2013年

実写映画編集

2001年

2007年

2008年

2009年

2010年

2015年

2016年

ラジオドラマ編集

その他編集

  • 夢見る山(愛知万博共同館で上映された押井守演出作品)

編集

関連項目編集