メインメニューを開く
日本 > 中部地方 > 長野県 > 長野市 > 若槻地区 > 若槻団地

若槻団地(わかつきだんち)は、長野県長野市の市街地北部にある地区(大字)、および地区内にある長野県営住宅・長野県住宅供給公社賃貸住宅団地)。

若槻団地
若槻団地の位置(長野市内)
若槻団地
若槻団地
大字若槻団地の位置
北緯36度40分46.25秒 東経138度12分55.1秒 / 北緯36.6795139度 東経138.215306度 / 36.6795139; 138.215306
Flag of Japan.svg 日本
都道府県 Flag of Nagano Prefecture.svg 長野県
市町村 Flag of Nagano, Nagano.svg 長野市
地区 若槻地区
人口
2014年平成26年)4月1日現在)[1]
 • 合計 2,662人
等時帯 UTC+9 (日本標準時)
郵便番号
381-0051
市外局番 026
ナンバープレート 長野
※座標は若槻団地自治会館付近

目次


若槻団地(大字)編集

若槻団地(わかつきだんち)は、長野市街地の北部にある地区(大字)。郵便番号381-0051

全域が長野市役所若槻支所の管内である。

概要編集

地区の北端を駒沢川が流れる。周囲は以下の大字町丁と接する。

長野市街地を見下ろす山裾の住宅地である。地区中央部に県営・公社若槻団地(アパートタイプ)がある。その周囲に長野県企業局が造成・分譲した住宅地が広がり、一戸建てが整然と並んでいる。

若槻地区は古代の若槻庄と言われる荘園のあったところである。この荘園の地頭であった若槻氏の居城と伝わる若槻城が団地の造成によって失われ、わずかに堀跡の一部が団地の一角に残されている。

若槻村1954年昭和29年)に長野市と合併した当時は果樹園桑畑などが広がる地域であったが、高度経済成長期・昭和40年代にこの若槻団地が造成されたのを皮切りに宅地化が進行。現在は周辺の稲田檀田徳間浅川などと合わせて、市内でも有数規模の住宅地となっている。

地区内の人口および世帯数は、1,149世帯 2,662人(平成26年4月1日現在)[1]

沿革編集

交通編集

路線バス編集

地区内を走る、アルピコ交通川中島バス)・長電バスの以下の路線系統が利用できる。

若槻団地には市内2社が乗り入れており、合わせて朝は約5分おき、日中でも約15分おきに市街地へのバスの便がある。さらに毎日長電タクシーの「ミッドナイトライナー」が、金曜日には16系統の深夜便「フライデー若槻」が運行される、交通至便な地区である。

2社の経路は、長野駅から若槻団地に至るまでの間も、団地内に於いてもほとんど異なっており、並走する区間はわずかである。その一方で、長野市街地〜若槻団地の区間では定期券IC化以前から「川中島バス・長電バス共通定期券」が発行されていた。ICカード「KURURU」が導入された現在でこそ路線が近接していれば定期券は自動的に共通化されるが、紙定期券時代に両社の間で共通定期券が設定されていたのは、この区間のみであった。

なお、バスの行先表示などでは若団(わかだん)と略されることがある。

周辺編集

  • 長野市立若槻保育園
  • 信学会長野北幼稚園

若槻団地(県営住宅)編集

管理 住宅名 構造 間取 1戸面積 戸数 完成
長野県建設部 若槻団地 中層耐火 2LDK 37.69m2 144戸(4階建6棟) 1968年1969年
若槻第二団地 簡易耐火 2DK 39.31m2 66戸(2階建) 1969年
37.26m2 32戸(平屋建)
長野県住宅供給公社 JK-3 若槻団地 中層耐火 3DK 48.83m2 24戸(4階建1棟) 1970年


脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b 長野市町別人口及び世帯数 - 長野市企画政策部企画課

関連項目編集

外部リンク編集