茂田井 教亨(もたい きょうこう、1904年10月12日 - 2000年5月11日)は、日蓮宗仏教学者

生涯編集

東京市(現東京都中央区)出身。立正大学文学部国文科卒、同助教授、教授、立正大学日蓮教学研究所所長。1975年名誉教授。1989年「観心本尊抄研究序説 宗学体系化への試み」で立正大学文学博士。東京杉並堀之内妙法寺山主八王子最教寺住職を務めた。

清水龍山に師事。日蓮宗教哲学の観点からとらえた[1][2]

著書編集

  • 『日蓮聖人の書簡』平楽寺書店 法華新書 1955
  • 『観心本尊抄研究序説 宗学体系化への試み』山喜房仏書林 1964
  • 『日蓮聖人御消息文講話』山喜房仏書林 1964
  • 『日蓮書簡に聞く』教育新潮社 1966
  • 『日蓮宗入門 茂田井教亨集 昭和仏教全集』教育新潮社 1968
  • 法華経入門』大蔵出版 大蔵新書 1976
  • 『開目抄講讃』山喜房仏書林 1977
  • 『法華経者の精神』大蔵出版 大蔵新書 1979
  • 『日蓮の法華経観』佼成出版社 1980
  • 『日蓮教学の根本問題』平楽寺書店 1981
  • 『日蓮の行法観 その思想と生涯』佼成出版社 1981
  • 『本尊抄講讃』山喜房仏書林 1983-87
  • 『日蓮 その人と心』春秋社 1984
  • 『日蓮の人間観』佼成出版社 1984
  • 『法華経を味わう』佼成出版社 1985
  • 『日蓮の信心観』佼成出版社 1986
  • 『報恩抄講讃』佼成出版社 1989
  • 『法華経入門』大蔵出版 1995
  • 『『観心本尊抄』を語る』北川前肇責任編集 立正知恩会 2002

共著編編集

論文編集

脚注編集

  1. ^ 日本人名大辞典
  2. ^ 20世紀日本人名事典