メインメニューを開く

茨城県道・千葉県道260号谷原息栖東庄線

日本の茨城県と千葉県の道路

茨城県道・千葉県道260号谷原息栖東庄線 (いばらきけんどう・ちばけんどう260ごう やわらいきすとうのしょうせん)は、茨城県鹿嶋市から茨城県神栖市を経由して千葉県東庄町に至る一般県道である。

一般県道
Japanese Route Sign Number 2.svgJapanese Route Sign Number 6.svgJapanese Route Sign Number 0.svg
茨城県道260号標識
Japanese Route Sign Number 2.svgJapanese Route Sign Number 6.svgJapanese Route Sign Number 0.svg
千葉県道260号標識
茨城県道260号谷原息栖東庄線
千葉県道260号谷原息栖東庄線
総延長 19.915 km
実延長 18.558 km
制定年 1974年10月4日
起点 茨城県鹿嶋市
終点 千葉県東庄町
接続する
主な道路
記法
Japanese National Route Sign 0356.svg国道356号
テンプレート(ノート 使い方) PJ道路
茨城県道260号谷原息栖東庄線
神栖市筒井(2013年11月)

目次

概要編集

歴史編集

1974年昭和49年)10月4日、前身にあたる県道須賀息栖東庄線(整理番号256、茨城県鹿島郡鹿島町大字須賀 - 千葉県香取郡東庄町)が廃止され[3]、起点を茨城県鹿島郡鹿島町大字谷原(現:鹿嶋市谷原)、終点を千葉県香取郡東庄町を区間とする県道谷原息栖東庄線が路線認定される[4][5]。のちに、整理番号260に変更され現在に至る。

年表編集

  • 1959年昭和34年)10月14日:本路線の前々身にあたる県道須賀息栖日川線(茨城県鹿島町須賀 - 神栖村息栖 - 神栖村日川、図面対照番号199)が路線認定[6]
  • 1967年(昭和42年)12月11日:本路線の前身にあたる県道須賀息栖東庄線(茨城県鹿島町須賀 - 千葉県東庄町新宿)が茨城県より路線認定される[7]。同時に前身であった県道須賀息栖日川線が廃止される[8]
  • 1971年(昭和46年):常陸川大橋が開通する。
  • 1971年(昭和46年)12月:利根川大橋が開通する。
  • 1972年(昭和47年)10月19日:常陸川大橋・利根川大橋を、須賀息栖東庄線のルートに指定[9]
  • 1974年(昭和49年)10月4日県道谷原息栖東庄線(整理番号256)が路線認定される[4][5]
  • 1975年(昭和50年)3月31日:茨城県内の道路区域(鹿島郡鹿島町大字谷原字浦田880番から鹿島郡波崎町大字太田千葉県界まで、延長17.976 km)が決定する[1]
  • 1975年(昭和50年)4月1日:茨城県内の道路供用開始(鹿島郡鹿島町大字谷原字浦田880番から鹿島郡波崎町大字太田千葉県界まで、延長17.976 km)[10]
  • 1995年平成7年)3月30日:茨城県区間において、整理番号が整理番号256から現在の番号(整理番号260)に変更される[11]

路線状況編集

基本は対向2車線の道路だが、神栖市下幡木 - 神栖市萩原の区間はセンターラインなしの1車線の区間が続く。特に神栖市高浜 - 石神 - 芝崎 - 萩原の各地区は生垣集落のなかを県道が通過し普通車でもすれ違いに注意を要するほど狭い為、大型車は通行ができない。 終点近くの常陸利根川利根川の渡河では、地元で通称逆水門と呼ばれる河口堰上が道路となる構造の橋が架かっていることが特徴で、重量制限14tの交通規制中である。

道路法の規定に基づき、茨城県内の鹿嶋市鰐川(鰐川浄水場) - 神栖市下幡木(下幡木交差点)間は、緊急輸送道路として機能を維持するため、災害発生時の被害拡大防止を目的に道路用地内に電柱を建てることが制限されている[12]

道路施設編集

  • 谷原橋(掘割川、鹿嶋市大字鰐川)
  • 常陸川大橋常陸利根川、神栖市)1971年(昭和46年)3月竣工
  • 利根川大橋利根川、茨城県神栖市 - 千葉県東庄町県境)1971年(昭和46年)3月竣工
  • 黒部川大橋(黒部川、東庄町)1971年(昭和46年)3月竣工

地理編集

通過する自治体編集

  • 茨城県
  • 千葉県
    • 東庄町

交差する主な道路編集

沿線編集

脚注編集

[ヘルプ]

注釈編集

  1. ^ 幅員、曲線半径、こう配その他道路の状況により最大積載4トンの普通貨物自動車が通行できない区間。

出典編集

  1. ^ a b 道路の区域決定(昭和50年3月31日 茨城県告示第323号) (PDF)”, 茨城県報 (茨城県) 号外(5): p. 3, (1975年3月31日) 
  2. ^ a b c d e 『茨城県道路現況調書』平成26年4月1日現在
  3. ^ 県道路線の廃止(昭和49年10月4日 茨城県告示第901号) (PDF)”, 茨城県報 (茨城県) 号外: p. 2, (1974年10月4日) 
  4. ^ a b 県道路線の認定(昭和49年10月4日 茨城県告示第900号) (PDF)”, 茨城県報 (茨城県) 号外: p. 1, (1974年10月4日) 
  5. ^ a b 正誤(昭和49年10月4日付茨城県報号外),茨城県報 第6274号(1974年(昭和49年)11月18日)より
  6. ^ 県道路線認定(昭和三十四年十月十四日 茨城県告示第九百一号) (PDF) ,茨城県報 号外(1959年(昭和34年)10月14日)より
  7. ^ 県道路線の認定(昭和42年)12月11日 茨城県告示1573号),茨城県報 第5562号(1967年(昭和42年)12月11日)より
  8. ^ 県道路線の廃止(昭和42年)12月11日 茨城県告示1576号),茨城県報 第5562号(1967年(昭和42年)12月11日)より
  9. ^ 道路の区域変更・道路の供用開始(昭和47年10月19日 茨城県告示第1032・1033号) (PDF)”, 茨城県報 (茨城県) 第6060号: pp. 5–6, (1972年10月19日) 
  10. ^ 道路の供用開始(昭和50年3月31日 茨城県告示第326号) (PDF)”, 茨城県 (茨城県) 号外(5): p. 5, (1975年3月31日) 
  11. ^ 県道の路線名および整理番号の変更(平成7年3月30日 茨城県告示第436号) (PDF)”, 茨城県報 (茨城県) 第637号: pp. 8–12, (1995年3月30日) 
  12. ^ 道路の占用を制限する区域の指定(平成30年3月19日 茨城県告示第299号) (PDF)”, 茨城県報 第2980号: pp. 18–28, (2018年3月19日) 

参考文献編集

  • 茨城県土木部『『茨城県道路現況調書』平成26年4月1日現在』(レポート)、茨城県、12頁。

関連項目編集