荒川幾男

荒川 幾男(あらかわ いくお、1926年10月15日 - 2005年1月1日)は、日本の哲学研究者。東京経済大学名誉教授。専攻は現代ヨーロッパ・日本近代思想史。

目次

来歴編集

神戸市出身。東京大学文学部哲学科卒。平凡社に入社、『世界大百科事典』編集部など。東京経済大学助教授、1969年教授、1988年学長。1998年定年退任、名誉教授。

著書編集

  • 三木清 哲学と時務の間 (紀伊国屋新書 1968)
  • 管理社会 組織のなかで人間はどう生きるか (講談社現代新書 1970)
  • 現代日本思想史 5 1930年代-昭和思想史(青木書店 1971)
    • 昭和思想史(朝日選書 1989)

共編編集

  • 社会思想の名著 学陽書房 1972 (名著入門ライブラリー)
  • 近代日本思想史 生松敬三共編 1973 (有斐閣双書)
  • 日本近代哲学史 宮川透共編 1976 (有斐閣選書)

翻訳編集

参考編集

  • 荒川幾男教授年譜並びに主要著作「東京経済大学人文自然科学論集」1998-2
学職
先代:
渡邉渡
東京経済大学学長
第7代:1988 - 1992
次代:
富塚文太郎