メインメニューを開く

荒川 玄太(あらかわ げんた、1953年9月19日 - )は、日本競輪選手会宮城支部に在籍していた元競輪選手日本競輪学校(以下、競輪学校)第31期生。

来歴編集

荒川秀之助(競輪学校25期生)は実兄。

仙台市立仙台商業高等学校時代の1971年全国高等学校総合体育大会自転車競技大会小松島競輪場)のスクラッチレース(現在はスプリントに名称変更)で優勝[1]

その後、競輪学校に入校。同期には岩崎誠一新井正昭らがいる。

1973年4月14日宇都宮競輪場でデビューして初勝利を挙げ、及び同開催の完全優勝も記録。

1977年オールスター競輪千葉競輪場)で3位に入る。

2002年7月31日、選手登録を削除され引退。通算戦績2344戦268勝。なお、兄の秀之助も同年同日に引退している。

参考文献編集

外部リンク編集

関連項目編集