メインメニューを開く

菅生石部神社(すごういそべじんじゃ)は石川県加賀市にある神社である。式内社加賀国二宮で、旧社格国幣小社。通称敷地天神菅生天神

菅生石部神社
拝殿
所在地 石川県加賀市大聖寺敷地ル乙81
位置 北緯36度18分46.95秒
東経136度19分14.94秒
主祭神 菅生石部神
社格 式内社(小)
加賀国二宮
国幣小社
別表神社
創建 用明天皇元年(585年
本殿の様式 流造
例祭 2月10日
テンプレートを表示

目次

祭神編集

現在の祭神は「菅生石部神」となっており、これは天津日高日子穗穗出見命豐玉毘賣命鵜葺草葺不合命の三柱の総称としている。

祭神については諸説あり、少彦名神とする説もある。菅生石部神の本体三柱も、元は祭神の諸説の一つであった。

歴史編集

社伝によれば、用明天皇元年(585年)、この地で疾病が流行したとき、宮中で祀られていた菅生石部神が勧請されたのに始まるという。延喜式神名帳では小社に列し、加賀国二宮とされた。古来より朝廷・武門からの崇敬が篤く、天慶3年には正四位下神階が授けられた。『平家物語』巻七には、木曾義仲が当社へ「のみ(野美)の庄」を寄進したとの記述がある。中世には、一帯は北野天満宮の社領となっていた。「天神」の通称はそこからきたものであり、現在もその名残で境内に牛の像が残っている。

明治29年(1896年)に国幣小社に昇格した。

京都の敷地神社(わら天神)は、当社からの勧請である。

祭事編集

毎年2月10日例祭では、「竹わりまつり」の異名を持つ御願神事(ごんがんしんじ)が行われる。御願神事は1987年に石川県指定無形民俗文化財となる[1]

文化財編集

重要文化財
加賀市指定有形文化財

脚注編集

関連図書編集

関連項目編集

外部リンク編集