メインメニューを開く

菜の花ラインに乗りかえて

菜の花ラインにのりかえて』(なのはなラインにのりかえて)は、2013年10月9日NHK BSプレミアムで放送されたテレビドラマである。NHK千葉放送局制作の地域発ドラマとして放送された。2014年1月31日2月1日関東地方のみ)、2015年5月6日総合テレビにて再放送された。

あらすじ編集

航空会社の国際線客室乗務員であった美貌の主人公、本多かおりが航空会社の契約を打ち切られ、ふるさとである千葉県の田舎町大多喜町に帰り、地元のローカル線かざみ鉄道の気動車の運転士をめざす。主人公本多は、徳川家康の四天王の一人で、安土桃山時代に、大多喜城10万石の城主であった本多忠勝の末裔であるという設定である。赤字路線のかざみ鉄道の運転士養成募集のポスターを見て、運転士を目指す。そして、そのかざみ鉄道運転士養成講座は、全額自己負担で700万円であり、それは、本多の銀行の預金通帳の全財産700万円と同じであった。

登場人物編集

本多かおり
演 - 吹石一恵
元国際線客室乗務員。失恋、退職を理由に郷里へ帰省。地元ローカル線の運転士として採用される。
神崎和也
演 - 石黒賢
元大手家電メーカーサラリーマン。
鴨川善三郎
演 - 梅宮辰夫
68歳で運転士に挑戦する謎の男。
市原敏明
演 - 小林隆
訓練生を指導する先輩運転士。
市原優
演 - 小川涼
鉄道に詳しい女子高校生。
本多陽一
演 - 大内厚雄
本多かおりの兄。
本多頼子
演 - 浅田美代子
本多かおりの母。
松戸隆
演 - 渡辺正行[1]
かざみ鉄道社長。路線継続の為、さまざまなアイデアを提案。
桂木浩介
演 - 山崎樹範
本多かおりの元恋人で航空会社の元上司。かおりに対して、リストラと破局を言い渡し、殴られる(どうやら二股をかけていた様子)。
もなか屋のおじさん
演 - 片岡鶴太郎[2]

脚注編集

  1. ^ 渡辺正行はロケ地となったいすみ市出身である。
  2. ^ 片岡は当ドラマの絵やタイトル文字も担当した。

関連項目編集

外部リンク編集