山崎樹範

日本の俳優、タレント (1974-)

山崎 樹範(やまざき しげのり、1974年2月26日[1] - )は、日本の俳優声優タレント。愛称は「やましげ(校長)」「ほのぼの」「ザキヤマ」「しげめろ」。

やまざき しげのり
山崎 樹範
本名 山崎 樹範
生年月日 (1974-02-26) 1974年2月26日(50歳)
出生地 日本の旗 日本東京都足立区[1]梅田
身長 165 cm
血液型 A型[1]
職業 俳優声優タレント
ジャンル テレビドラマ・映画・舞台
活動期間 1995年 -
配偶者 吉井怜(2016年 - )
所属劇団 カムカムミニキーナ
事務所 トルチュ
公式サイト 公式プロフィール
主な作品
テレビドラマ
天体観測
Dr.コトー診療所
電車男
ラスト・フレンズ
限界団地
トレース〜科捜研の男〜
シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。
仮面ライダーギーツ
テレビアニメ
メダロット
テニスの王子様
交響詩篇エウレカセブン

バラエティー番組
タモリ倶楽部』<準レギュラー>

ラジオ
SCHOOL OF LOCK!
備考
公式ブログ やましげの一流芸能人への道
テンプレートを表示

東京都足立区[1]梅田出身。東京都立青井高等学校獨協大学法学部卒業。劇団カムカムミニキーナ所属、事務所はキューブ藤賀事務所を経て、2012年4月よりトルチュに所属。

妻は女優の吉井怜。血液型はA型[1]身長165cm。

略歴 編集

獨協大学演劇研究会を経て、1995年から劇団カムカムミニキーナに参加[2]。劇団の先輩でもある八嶋智人とは20歳のころからの付き合いで、彼がいなかったら現在の自分は無いと思うと発言している。その八嶋の山崎評は「入団当初からなんでも上手くこなすが小器用なところがあった」というものであり「本人のためを思い必要以上に厳しく指導していた」と語っている。山崎本人も「よく怒られていたので、目立たないように隅っこの方にいた」と話している。

初めてお金をもらった仕事は1996年テレビアニメ『るろうに剣心』の斬られ役、ドラマデビューの作品は1997年白線流しスペシャル 〜19の春』の劇団員役だった[3]

役者を始めてからしばらく全く売れず、26歳のときに大学の先輩とお笑いコンビを組み、ラ・ママのネタ見せに参加していたこともあった。本人曰く、29歳頃から役者1本で飯を食えるようになったという[4]

明石家さんま主演舞台『七人ぐらいの兵士』のアンダースタディー(稽古代役)のアルバイトをきっかけにキューブのマネジメントを受けるようになる。

八嶋智人の結婚二次会での司会のグダグダぶりが、たまたま居合わせたドラマプロデューサーの目にとまり、ドラマ『天体観測』の出演が決まる。そのオーディション合格の連絡を中目黒ウッディーシアターで受けて、トイレで号泣したとのこと[5]。連続ドラマのレギュラー出演はこの作品が初めてであった。

私生活では、2005年の『着信アリ』(テレビ朝日系)などでの共演を通じて10年以上前に知り合い、2015年春に共通の友人の紹介で再会し連絡先を交換して交際へと発展した女優の吉井怜と、1年間の交際期間を経て2016年11月11日に婚姻届を提出し結婚。同日に自身のブログで発表した[6]。プロポーズの言葉は「結婚しちゃう?」だった[7][8]

人物 編集

  • 40歳を過ぎても居酒屋などで年齢確認を求められてしまうほどの童顔であり[9]、周囲からはよく「浪人生みたいだね」と言われることもあるという(実際に山崎自身、大学入学前に1度浪人経験がある)[10]。他に身体的特徴として「目の細さ」を挙げており、本人曰く遠くを見て目を細める芝居をすると、目を瞑っているようにしか見えなかったりするとのこと[11]
  • 自身のエッセイ本では(自身の)存在感や華のなさも自虐的に取り上げており、「ずっとロケバスの中にいるのに何度もバスの中を見渡していたスタッフに気づかれなかった」「ドラマの撮影中、カメラの前にずっと立っていたのにもかかわらずスタッフから気づかれなかった(なお、この時山崎は警察官の格好をしていた)」などといったエピソードが存在する[12]
  • 上記の顔立ちとは裏腹に煙草[13][14]、また競艇競馬などといったギャンブルを好む一面を持つ[15][16]
  • ハードカバーは基本買わない」「好きな作家さんの本でも文庫になるまで待つ」と公言するほどの文庫本派である[17]
  • ドラマ『北の国から』を観て以来、吉岡秀隆を尊敬しており、ドラマ『Dr.コトー診療所』にて、吉岡が主人公の五島健助役、山崎が五島の後輩の研修医(後に医師)の三上新一役で共演しており、ロケ先で吉岡と飲みに行った際に、吉岡から「三上先生の役は山崎君で本当によかった」と言われ大感激した[18]
  • 役者業のみならず、バラエティ、ラジオ、アニメなどと多岐にわたって活動している。2000年代後半ごろからは、主にテレビ出演で活動の場を広げているため、所属劇団「カムカムミニキーナ」の出演を休んでいる。劇団を離れての活動を武者修行と言っており、いつかは帰ってまたみんなで芝居をすると発言している[19]
バラエティ
  • タモリ倶楽部』(テレビ朝日系列)によく出演する。なお同番組の初出演は2005年9月30日放送の『あなたの姓名の一番正しい伝え方教えます!』の回で、「山崎樹範」という姓名は確実に名前負けをすると診断された。また、バラエティー番組がまだよくわかっていない時にタモリから「そんなに頑張らなくて良いよ」とアドバイスされ、すごく楽になれたと語っている[20]。また、2012年から2021年NHK BSプレミアムの『ワンワンパッコロ!キャラともワールド』において、MCを担当していた。
ラジオ
  • 自身のラジオ番組『SCHOOL OF LOCK!』で、やましげ校長としてメインパーソナリティーを務めていた。そのため、『SCHOOL OF LOCK!』のリスナーからはやましげ校長やましげ校長と呼ばれている。また自分でラジオ番組を聞くことも好きであり、『爆笑問題カーボーイ』(TBSラジオ)にネタを投稿し採用された経験を持つ。山崎自身も爆笑問題カーボーイに出演することがあるが、爆笑問題カーボーイは火曜の夜に収録のため、『SCHOOL OF LOCK!』とバッティングする関係で、出演は生放送の時に限られていた。
  • その『爆笑問題カーボーイ』のパーソナリティである爆笑問題田中裕二とはドラマ『MR.BRAIN』で共演しており、現在でもメル友である。相方の太田光は番組内でこの二人を「ウーチャカ軍団」(ウーチャカとは田中の愛称)と形容することが多い。

出演 編集

テレビドラマ 編集

WEBドラマ 編集

  • いつもキモチにスイッチを「カムカムミニキーナ」(2007年6月19日、オロナミンCウェブサイト)[44]
  • 3枚目のボディガード 〜ボクはキミだけを守りぬく〜(2011年6月1日配信(全13話前編・後編)、BeeTV) - 両国 役
  • オシャレに恋したシンデレラ〜おかりえが夢を叶えるまで〜(2011年10月1日配信(全14話)、BeeTV)
  • ラブコレ2 東京Love Collection(2006年11月3日 - 12月22日、GyaO) - 小室 役
  • 憑きそい(2023年7月28日配信、FOD) - 山川ジュン 役[45]
  • 東京彼女 1月号(2024年1月8日 - 、YouTube) - カワノ 役[46]

映画 編集

テレビ番組 編集

バラエティ 編集

ドキュメンタリー 編集

その他の番組 編集

舞台 編集

  • サムシング・スイート(2007年6月17日 - 7月3日 PARCO劇場 ほか)森圭介 役
  • 真夜中のパーティー(2010年7月4日 - 7月19日 PARCO劇場)アラン 役
  • 大江戸鍋祭〜あんまりはしゃぎすぎると討たれちゃうよ〜(2011年12月 明治座 ほか) - 町医者 役(Wキャスト) [51]
  • 朗読劇『緋色の研究』(2012年10月 銀河劇場) - ホームズ 役
  • 鈴木おさむ劇場 第一回公演『美幸』-MIYUKI-(2012年10月26日 - 28日 中目黒ウッディーシアター) - 主演
    • 鈴木おさむ劇場 第一回公演 再演『美幸』-MIYUKI-(2013年9月27日 - 29日 恵比寿エコー劇場) - 主演
  • マティーニ! 〜ただ今、撮影5時間押し〜(2013年2月6日 - 11日 シアター1010) - 主演・岡本治 役
  • テレビのなみだ(2013年3月26日 - 31日 東京グローブ座)
  • マルガリータ〜戦国の天使たち〜(2014年9月27日-10月5日、EX THEATER ROPPONGI)
  • 〜崩壊シリーズ〜『九条丸家の殺人事件』(2016年4月8日 - 24日 俳優座劇場 ほか) - 主演・栗栖健司 役
    • 〜崩壊シリーズ〜『リメンバーミー』(2017年4月13日 - 30日 俳優座劇場 ほか) - 主演・栗栖健司 役
  • 舞台 漫画みたいにいかない。 (2018年4月5日 - 7日、かつしかシンフォニーヒルズ モーツァルトホール) - 富美樫義男 役[52]
  • カレフォン(2018年10月4日 - 11月13日 オルタナティブシアター ほか) - 玉木健一 役
  • 桃山ビート・トライブ~再び、傾かん~(2019年6月 - 7月、EX THEATER ROPPONGI/京都劇場) - 林又一郎成 役[53]
  • モダンボーイズ(2021年4月3日 - 4月16日、東京・新国立劇場 中劇場) - 菊谷栄 役[54]
  • 朗読劇『したいとか、したくないとかの話じゃない』(2023年4月22日 - 23日、俳優座劇場) - 孝志 役[55]
  • 音楽劇 精霊の守り人(2023年7月29日 - 10月1日、日生劇場 ほか)タンダ 役
  • 朗読劇『461個の弁当は、親父と息子の男の約束。』(2024年3月9日 - 17日、博品館劇場) - 主演・渡辺俊美 役[56]
  • 女の友情と筋肉 THE MUSICAL -幸せの上腕二頭筋-(2024年5月17日 - 6月9日、なかのZERO 大ホール ほか) - 響ワタル 役[57]

テレビアニメ 編集

  • こちら葛飾区亀有公園前派出所(フジテレビ)
    • 第12話「激突!江戸っ子合戦」(1996年9月22日) - 担ぎ手 役
    • 第13話「まさか両津と麗子が…」(1996年10月27日) - ドラゴンキング 役
    • 第19話「そば屋再建計画!」(1996年12月8日) - 客 役
    • 第33話「あぁ、マイホーム」(1997年3月23日) - 鶏肉屋 役
    • スペシャル1「こちら葛󠄁飾区亀有公園前派出所スペシャル」(1997年4月13日) - 役名表記なし
    • 第35話「部長の目にも涙」(1997年4月27日) - 友人 役
    • 第52話「美人妻はチョー過激」(1997年8月24日) - 警官 役
    • 第62話「走れ!失恋ライダー」(1997年11月30日) - 白バイ隊員 役
    • 第94話「宇宙からの贈り物」(1998年8月23日) - オペレーター 役
    • 第147話「チャーリー小林の秘密」(1999年8月1日) - 誘導係 役
    • 第175話「オドロキモノノキ島の大決戦」(2000年4月2日) - 同僚 役
    • スペシャル9「こちら葛󠄁飾区亀有公園前派出所スペシャル」(2000年12月24日) - 店員 役
    • 第201話「天才画家あらわる」(2000年11月5日) - 記者 役
    • 第204話「両さん 選挙に立つ」(2000年11月26日) - キツネ 役
    • 第250話「とべ! 魔法のじゅうたん」(2002年1月20日) - 舎弟 役
  • るろうに剣心 -明治剣客浪漫譚-(1996年10月16日 - 11月27日、フジテレビ) - 海賊、志士、男 役
  • 将太の寿司 心にひびくシャリの味(1999年10月11日、テレビ東京) - 若者 役
  • メダロット(1999年7月2日 - 2000年6月30日、テレビ東京) - イワノイ 役
    • メダロット魂(2000年7月7日 - 2001年3月30日、テレビ東京)
  • ビックリマン2000(1999年11月15日 - 2000年6月19日、テレビ東京) - アシス徒、蛮蚊ー! 役
  • 破壊魔定光(2001年1月17日 - 3月21日、WOWOW) - クロン 役
  • バンパイヤン・キッズ(2001年10月13日 - 2002年3月30日、フジテレビ) - マック 役
  • テニスの王子様(2001年10月10日 - 2005年3月30日、テレビ東京) - 堀尾聡史 役
    • テニスの王子様 ベストマッチ(2011年10月5日 - 12月28日)
    • 新テニスの王子様(2012年1月4日 - 3月28日)
  • 交響詩篇エウレカセブン(2005年4月17日 - 2006年4月2日、毎日放送) - ドミニク・ソレル 役
  • 桜蘭高校ホスト部(2006年4月4日 - 9月26日、日本テレビ) - 相賀和清 役
  • オトナの一休さん(2016年6月6日 - 13日、10月5日 - 12月28日、2017年4月4日 - 6月27日、Eテレ) - 蜷川新右衛門

劇場アニメ 編集

OVA 編集

ゲーム 編集

吹き替え 編集

ラジオ 編集

  • SCHOOL OF LOCK!(2005年10月3日 - 2010年4月1日、TOKYO FM)初代メインパーソナリティやましげ校長として出演
  • ONE MORNING FRIDAY (2019年10月4日 - 2021年3月26日、TOKYO FM) パーソナリティ(金曜日)
ラジオドラマ
朗読

CM 編集

  • キリンビバレッジ 生烏龍 - ナレーション
  • ミツカン おむすび山ピクニック・キャンペーン(2009年8月29日、はいり ふたたび 篇) - パパ 役
  • 武田薬品工業 ベンザブロック咳止め液(2010年)
  • サントリー 角瓶(2009年 - 2011年)
    • (2009年2月14日、来店 篇)
    • (2009年5月5日、注文 篇)
    • (2009年7月11日、ちょいしぼ 篇)
    • (2009年11月14日、忘年会 篇)
    • (2010年2月20日、手羽先 篇)
    • (2010年4月3日、ようこそ 篇)
    • (2010年6月5日、直伝 篇)
    • (2010年12月23日、ありがとう 篇)
    • (2011年2月12日、お待ちしております 篇)
    • (2011年6月3日、遅れてきた男 篇)
  • サントリー 企業広告
    • (2011年4月24日、上を向いて歩こうB / H 篇)
    • (2011年4月30日、見上げてごらん夜の星をC / K 篇)
  • ローソン ローソンセレクト(2012年)[63]
    • (2012年3月27日、明日の朝食 編 / おかず 編)
    • (2012年4月10日、あんこや 編)
  • サントリー 旨み香ばし 秋楽(2013年8月20日) - ナレーション
  • 明治ザバスミルク(2015年7月7日)
  • JAバンク(2021年4月28日)

音楽ビデオ 編集

CD 編集

著書 編集

  • やましげのミカタ(2020年2月26日、KADOKAWAISBN 978-4-04-064461-5

脚注 編集

注釈 編集

  1. ^ 第1作のみ、タイトルが「警察庁科学捜査研究所・文書鑑定の女」である。
  2. ^ パナソニックドラマスペシャル」として放映予定だったが、2011年3月11日の東日本大震災発生に伴う広告活動自粛のため、ノースポンサードでの放送となった。

出典 編集

  1. ^ a b c d e 山崎樹範の解説”. goo人名事典. 2022年1月6日閲覧。
  2. ^ カムカムミニキーナ 山崎樹範プロフィールより
  3. ^ やましげの一流芸能人への道 2005年4月6日
  4. ^ 山崎 2020, p. 163.
  5. ^ ひび割れた”. やましげの一流芸能人への道 (2012年11月21日). 2014年5月2日閲覧。
  6. ^ 吉井怜&山崎樹範が結婚”. ORICON STYLE (2016年11月11日). 2016年11月11日閲覧。
  7. ^ “吉井怜、山崎樹範と交際1年で結婚「彼は優しさとユーモアに溢れ…」”. 産経ニュース (産経デジタル). (2016年11月12日). https://www.sankei.com/article/20161112-QN2HNU55F5M2BF6AI7I4LNQ6GE/ 2018年6月11日閲覧。 
  8. ^ “吉井怜、夫・山崎樹範からのプロポーズの言葉明かす「結婚しちゃう?」”. eltha(エルザ) (oricon ME). (2016年11月17日). https://beauty.oricon.co.jp/news/2081594/full/ 2018年6月11日閲覧。 
  9. ^ 山崎 2020, p. 69.
  10. ^ 山崎 2020, p. 39.
  11. ^ 山崎 2020, p. 38.
  12. ^ 山崎 2020, pp. 56–57.
  13. ^ 山崎 2020, pp. 100–101.
  14. ^ 山崎 2020, p. 107.
  15. ^ 山崎 2020, pp. 86–87.
  16. ^ 山崎 2020, pp. 150–151.
  17. ^ 山崎 2020, pp. 88–89.
  18. ^ Ustream中継 『やましげ次回ひなたぼっこへの道』より
  19. ^ やましげの一流芸能人への道 2010年8月20日
  20. ^ やましげの一流芸能人への道 2011年10月14日
  21. ^ “緊急取調室:第5話 真野響子、天海祐希と2人きりの事情聴取を希望 国分佐智子らゲスト出演”. MANTAN WEB (MANTAN). (2019年5月9日). https://mantan-web.jp/article/20190508dog00m200015000c.html 2019年5月10日閲覧。 
  22. ^ 再現VTRに出演。
  23. ^ 山田太一ドラマスペシャル作品。
  24. ^ NHK千葉放送局開局70周年記念作品。NHK BSプレミアムで放送。
  25. ^ ドラマ部分に出演。
  26. ^ バカリズム脚本のドラマ4夜連続、渋滞に巻き込まれる原田泰造の運命は”. お笑いナタリー (2016年2月25日). 2016年2月25日閲覧。
  27. ^ バカリズム脚本4夜連続ドラマに柏木由紀・市原隼人・山本耕史・川口春奈ら出演”. マイナビニュース (2016年2月25日). 2016年2月25日閲覧。
  28. ^ 玉山鉄二、瀧本美織、松重豊ら豪華キャストが集結!『素敵な選TAXI』で竹野内豊と共演”. テレビドガッチ (2016年2月15日). 2016年3月31日閲覧。
  29. ^ “ドラマ「トレース〜科捜研の男〜」キャスト8名を発表、美人科長役に小雪”. コミックナタリー (ナターシャ). (2018年11月14日). https://natalie.mu/comic/news/307887 2018年11月22日閲覧。 
  30. ^ “山崎樹範「縦横無尽に暴れてる」“危ないキャラクター”再演に喜び”. マイナビニュース (マイナビ). (2018年12月28日). https://news.mynavi.jp/article/mangamitaini-12/ 2019年5月11日閲覧。 
  31. ^ “山崎樹範、“好きな人たち”との再共演に喜び爆発「みんなに会える!」”. マイナビニュース (マイナビ). (2018年11月16日). https://news.mynavi.jp/article/mangamitaini-4/ 2019年5月11日閲覧。 
  32. ^ “シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。:山口紗弥加が清野菜名の母役 山崎樹範は横浜流星のゼミ教官に”. まんたんウェブ (MANTAN). (2019年12月6日). https://mantan-web.jp/article/20191205dog00m200063000c.html 2019年12月6日閲覧。 
  33. ^ "中村梅雀&平岡祐太『機捜235』第3弾放送 増田貴久&若村麻由美がゲスト出演". ORICON NEWS. oricon ME. 6 May 2022. 2022年5月6日閲覧
  34. ^ “青春高校3年C組出演、佐久間Pの新ドラマ「あなた犯人じゃありません」スタート”. 音楽ナタリー. (2020年3月23日). https://natalie.mu/music/news/372399 2019年3月23日閲覧。 
  35. ^ Inc, Natasha. “鈴木仁が沢口靖子主演のドラマSP「お花のセンセイ」に出演、籠城する元大学院生役(コメントあり)”. 映画ナタリー. 2021年12月7日閲覧。
  36. ^ >BS時代劇『善人長屋』公式サイト/出演者・キャストほか”. NHK. 2022年6月8日閲覧。
  37. ^ "中田青渚、連ドラ初主演!「善人長屋」で溝端淳平×吉田鋼太郎×高島礼子と共闘". 映画.com. エイガドットコム. 22 March 2022. 2022年3月22日閲覧
  38. ^ “藤間爽子&山崎樹範、川口春奈&Snow Man目黒蓮「silent」出演決定”. モデルプレス (ネットネイティブ). (2022年9月29日). https://mdpr.jp/drama/detail/3378372 2022年9月29日閲覧。 
  39. ^ 17話 乖離Ⅰ:ようこそ!新しいシーズンへ!”. 仮面ライダーWEB【公式】. 東映. 2022年12月25日閲覧。
  40. ^ “『オモウマ』の中京テレビがグルメドラマ制作 山崎樹範主演「大切な人と見て」”. マイナビニュース (マイナビ). (2023年2月17日). https://news.mynavi.jp/article/20230217-2594309/ 2023年2月17日閲覧。 
  41. ^ “『合理的にあり得ない』第7話、山崎樹範、酒井若菜らがゲスト出演 中川大輔のコメントも”. リアルサウンド映画部 (blueprint). (2023年5月29日). https://realsound.jp/movie/2023/05/post-1337283.html 2023年5月29日閲覧。 
  42. ^ “高畑淳子、松村北斗は「クールビューティー」、西畑大吾は「コナンくん」『ノキドア』W主演の印象”. マイナビニュース (マイナビ). (2023年7月14日). https://news.mynavi.jp/article/20230714-2726988/ 2023年7月14日閲覧。 
  43. ^ 「ASF4」各作品のポスター解禁!新キャストに工藤遥、寛一郎、伊澤彩織、津田健次郎ら”. 映画ナタリー. ナターシャ (2024年2月7日). 2024年2月7日閲覧。
  44. ^ “オロナミンCキャンペーンでWebだけの「劇団キモチスイッチ」がショートムービー100本配信”. fringe. (2007年7月24日). http://fringe.jp/topics/casestudies/20070724.html 2023年5月2日閲覧。 
  45. ^ “ホラー漫画『憑きそい』山田真歩主演でドラマ化「一緒に震えましょう」”. マイナビニュース (マイナビ). (2023年7月21日). https://news.mynavi.jp/article/20230721-2732164/ 2023年7月21日閲覧。 
  46. ^ 山谷花純がドラマ「東京彼女」1月号で主演、港区女子のリアルを演じる”. 映画ナタリー. ナターシャ (2024年1月8日). 2024年1月8日閲覧。
  47. ^ さぬき映画祭上映作品。
  48. ^ 2012年5月26日 - 6月3日、シネマート六本木限定公開 バカリズム“ほぼ”監督・脚本・主演映画の劇場公開が決定 お笑いナタリー(2012年3月21日)
  49. ^ 「MIRRORLIAR FILMS」監督としての阿部進之介、志尊淳、柴咲コウらも映した特報”. 映画ナタリー. 株式会社ナターシャ (2021年12月22日). 2021年12月22日閲覧。
  50. ^ ETV特集「激変する西之島〜太古の地球に出会う旅〜」”. テレビ王国 (2021年5月1日). 2021年5月3日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年5月4日閲覧。
  51. ^ “企画・製作公演「大江戸鍋祭」”. る・ひまわり. (2012年3月21日). http://le-himawari.co.jp/galleries/view/00132/00121 
  52. ^ “ゲストに山崎樹範、最終日は昼夜LVが決定”. ステージナタリー (ナターシャ). (2018年2月22日). https://natalie.mu/stage/news/270591 2019年5月11日閲覧。 
  53. ^ もっと歴史シリーズ「桃山ビート・トライブ」山本亮太&原嘉孝で再演決定”. 舞台 桃山ビート・トライブ. 2019年3月25日閲覧。
  54. ^ 4月28日 - 4月30日に大阪公演(COOL JAPAN PARK OSAKA WWホール)を予定していたが、新型コロナウイルス感染症による緊急事態宣言の影響で中止となった。
  55. ^ “篠原涼子・山崎樹範・荒木宏文・佐藤仁美が挑む、足立紳小説の朗読劇版「したいとか、したくないとかの話じゃない」”. ステージナタリー (株式会社ナターシャ). (2023年3月18日). https://natalie.mu/stage/news/517132 2023年3月18日閲覧。 
  56. ^ 朗読劇「461個の弁当は、親父と息子の男の約束。」に山崎樹範・田村海琉”. ステージナタリー. ナターシャ (2023年12月5日). 2023年12月5日閲覧。
  57. ^ 全身全霊全筋肉で!ミュージカル「女の友情と筋肉」第2弾に福田悠太・冨岡健翔・青柳塁斗”. ステージナタリー. ナターシャ (2024年2月14日). 2024年2月14日閲覧。
  58. ^ NHK FMシアター 2003年 放送済みの作品 /『紅葉山通り』(2003年1月25日 放送)”. NHK 日本放送協会. 2022年9月14日閲覧。
  59. ^ NHK FMシアター 2011年 放送済みの作品 /『うさぎの神様』(2011年6月18日 放送)”. NHK 日本放送協会. 2022年9月21日閲覧。
  60. ^ NHK FMシアター『空想博覧会』(2023年11月11日 放送)”. NHK 日本放送協会. 2023年10月13日閲覧。
  61. ^ NHK オーディオドラマ過去作品アーカイブ / 青春アドベンチャー「かがみ池のからくり」(2022年2月7日 - 18日 放送)”. NHK 日本放送協会. 2022年10月30日閲覧。
  62. ^ J-Wave Sounds of Story 〜Asada Jiro Library〜「終身名誉会員」(2014年11月1日放送)”. J-WAVE. 2022年10月30日閲覧。
  63. ^ ローソンニュースリリース(2012年3月26日)
  64. ^ “さかいゆうMVで山崎樹範がアナザーストーリー演じる”. Smartザテレビジョン. (2016年11月2日). https://thetv.jp/news/detail/91468/ 2016年11月2日閲覧。 

参考文献 編集

  • 山崎樹範『やましげのミカタ』KADOKAWA、2020年。 

関連項目 編集

外部リンク 編集