メインメニューを開く

華井 俊樹(はない としき、1984年9月26日 - )は、日本の元裁判官岐阜県出身。大阪地方裁判所判事補(当時の担当は第24民事部合議2係[1])であったが、弾劾裁判により罷免された。史上7人目の罷免者となった。

略歴・人物

著書

担当した裁判

逮捕および起訴・有罪判決

2012年8月29日午前8時30分頃、自宅から裁判所へ出勤の途中、京阪電鉄寝屋川市 - 萱島駅間を走行中の準急電車内で、スマートフォン(高機能携帯電話)で30歳代の女性のキュロットスカートの中を動画撮影[7]、しゃがみこんでスマートフォンのカメラをスカート下部に差し入れている様子を不審に思った乗客の男性に取り押さえられ、駅員に引き渡された後、大阪府迷惑防止条例違反(盗撮)の容疑で大阪府警察寝屋川警察署警察官現行犯逮捕された。寝屋川警察署によると、華井は「どんなパンツをはいているか知りたかった」[8]などと動機を述べており、「間違いない」と容疑を認めているという[9]。また、「(盗撮は)今年の春ごろから始めた」[10]と常習性を匂わせる供述もしており、スマートフォン内には他に数人の女性の動画が保存されていたことから、寝屋川警察署では本事件との関連を捜査している。この事件の発生に対し、大阪地方裁判所長の二本松利忠は「現職裁判官が逮捕され、驚いている。早急に事実関係の確認に努めたい」とのコメントを発表した。現職裁判官の逮捕は華井で5人目となっている[11]

2012年8月30日、寝屋川警察署は華井を大阪地方検察庁に送検し、大阪地検は同日に処分保留のまま釈放した[12]。その後、在宅のまま略式起訴され、大阪簡易裁判所は9月10日に罰金50万円の略式命令(有罪判決)を出した。なお、華井は大阪地方裁判所に退官願を出したが、保留された状態のまま、自宅待機を命じられた。2012年9月12日、最高裁判所裁判官会議において華井の行為が裁判官弾劾法が罷免理由として定める「裁判官としての威信を著しく失う非行」に当たると判断し、弾劾裁判で罷免するよう国会裁判官訴追委員会に訴追を請求した[13]

弾劾裁判および罷免判決

2012年10月、国会の裁判官訴追委員会(委員長:小沢鋭仁)は華井に対する事情聴取を実施した。その際、華井は違法行為を認め、反省の弁を述べた。その後、2012年11月13日に裁判官訴追委員会は華井の罷免を求めて裁判官弾劾裁判所へ訴追を行った[14]。その後、国会の裁判官訴追委員会が「罷免相当」と判断し、裁判官弾劾裁判所が罷免の可否を審理した結果、2013年4月10日に罷免判決が言い渡され、華井は法曹資格を失った[15][16]

出典・脚注

[ヘルプ]
  1. ^ 大阪地方裁判所法廷担当一覧(平成24年4月18日現在)
  2. ^ a b mixiのプロフィール
  3. ^ 名古屋大学法学部ニュースNo.31(2008年8月4日)』p.5
  4. ^ e-hoki 裁判官検索
  5. ^ 『名古屋ロー・レビュー』創刊号執筆者・編集者一覧
  6. ^ “盗撮容疑で27歳・裁判官逮捕”. スポーツ報知. (2012年8月29日). http://hochi.yomiuri.co.jp/topics/news/20120829-OHT1T00159.htm 2012年8月31日閲覧。 
  7. ^ “大阪地裁判事補、電車内で動画盗撮容疑”. 読売新聞. (2012年8月29日). http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20120829-OYT1T00764.htm 2012年8月31日閲覧。 
  8. ^ “「どんなパンツか知りたかった…」 大阪地裁裁判官、スカート盗撮で逮捕”. 産経新聞. (2012年8月29日). http://sankei.jp.msn.com/west/west_affairs/news/120829/waf12082913370019-n1.htm 2012年8月31日閲覧。 
  9. ^ “大阪地裁裁判官を逮捕=電車内で盗撮容疑−府警”. 時事通信社. (2012年8月29日). http://www.jiji.com/jc/c?g=soc_30&k=2012082900466 2012年8月31日閲覧。 
  10. ^ “大阪地裁裁判官の盗撮「春から」 数件の下着動画”. 北海道新聞. (2012年8月29日). http://www.hokkaido-np.co.jp/news/dogai/399974.html 2012年8月31日閲覧。 
  11. ^ “盗撮容疑:判事補を逮捕…現職では5人目 大阪”. 毎日新聞. (2012年8月29日). http://mainichi.jp/select/news/20120830k0000m040090000c.html 2012年8月31日閲覧。 
  12. ^ “盗撮容疑の裁判官を逮捕、釈放 携帯録画モードで乗車か”. 産経新聞. (2012年8月30日). http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/120830/crm12083017440023-n1.htm 2012年8月31日閲覧。 
  13. ^ “盗撮:最高裁が判事補の訴追請求 戦後8人目”. 毎日新聞. (2012年9月12日). http://mainichi.jp/select/news/20120913k0000m040037000c.html 2012年9月25日閲覧。 
  14. ^ “盗撮:28歳判事補を弾劾裁判所に訴追 国会委員会”. 毎日新聞. (2012年11月13日). http://mainichi.jp/select/news/20121114k0000m040056000c.html 2012年11月18日閲覧。 
  15. ^ “盗撮裁判官を訴追請求 最高裁”. 産経ニュースwest. (2012年9月12日). http://sankei.jp.msn.com/west/west_affairs/news/120912/waf12091222050037-n1.htm 2012年9月26日閲覧。 
  16. ^ “盗撮の判事補、弾劾裁判で罷免…7人目”. 読売新聞. (2013年4月10日). http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20130410-OYT1T00839.htm 2013年4月10日閲覧。